スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアで働いてみませんか?2

実はこのブログではあまり仕事の記事を書いていなかった。
仕事関係の人も見てるだろうし、部下のマレー人も日本語が上手なので
簡単に読めてしまうのだ。しかし、最近はそうも言ってられなくなってきた。

つくづく思う。「助けてくれ、日本人!」と。

実はものすごい、マレーシアの転職事情

マレーシアに来てから一番びっくりしたのが
ローカルの人が簡単に辞めてしまうことだ。

しかも派遣や契約社員のポジションではなく
正社員にも関わらず、である。これは本当に驚きであった。
日本とは違い、正社員であることなどにたいして価値が無いのだ。

毎月のように誰かしら辞めていくのだが
ひどい時には1ヶ月に2人ぐらいのペースで辞めることもあった。
しかもたかだか数ヶ月しか働いていない人が、ロクに職場に貢献することも無く
さっさと次の職場に移っていくのだ。

しかも下の人間だけでなく、マネージャークラスの人間も割りと簡単に辞める。
以前、自分の上司であった人間がたったの3ヶ月で辞めてビックリした。

こんな数ヶ月しか働いていない人を次の企業はよく採用するものだなとか
思うのだが、そのぐらい現地では売り手市場で景気が良いのだ。

こないだもランチで食事を取っている際に、チャイニーズマレーの男性社員を見かけた。
何か会うのは久しぶりだなとか思っていたら、何と彼は既に転職していた。
彼は英語、日本語、中国語、マレー語と4ヶ国語も話し、CCNPなどの高度なIT資格も持っていた。
とっても優秀で好感の持てる人物だっただけに、非常に残念であった。

日本人であることの優位性

彼のような優秀な人材は引く手あまたで転職しやすい、とはいえ
そうでない人も1年ぐらい働いてはすぐに辞めてしまうケースが多い。

これだけ人材が流動的にも関わらず、なぜ企業が成り立つかといえば
現地で働いている日本人の存在が大きい

もちろん日本人でも現地に適応できず、すぐ帰国してしまう方も稀にいるが
たいていの日本人は与えられた仕事をしっかりこなし、長く会社に留まるのだ。

加えて、現在の仕事のほとんどは日本から移管されてきた仕事の為
日本語のできる人材(特にネイティブ)は無条件で価値があるのだ。

海外で働く、というと「自分は語学が苦手だから無理かな」なんて
思う方が多いのだが、そんなことはない。かくいう自分も旅行の際に
相手に通じるぐらいのレベルの英語でしかないが、現地では問題なく暮らせている。

英語が必要な場面もあるといえばあるのだが、メール・会話も含め
仕事の9割は日本語で行っている(私の場合)。

語学力はそんなに高くなくてもいいが、好奇心旺盛で
ハングリー精神のある、そんな日本人がやってこないかなと
常日頃思っている。

関連記事

theme : マレーシア
genre : 海外情報

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

ふりさん、こんばんは。

マレーシアで働く場合、通常は勤務先がEP(Employment Pass)の手続きをしてくれるはずです。

希望の企業に問い合わせしてみてはいかがでしょう?

とらねこさん

マレーシアで外国人の就労パスが出る基準は月給5000RMと聞きました。これって、オフィスワーカーとしては結構高いほうのお給料ですよね?(大卒の新卒が月給3000RMくらいとマレーシア人の友人に聞きました)
なので、就労ビザの発給条件は結構厳しいのかなと思いまして。

Re:

ふりさん、こんにちは。
実はマレーシア人と日本人では
給料額に差があります。
日本から委託された仕事を行う上で
Nativeの日本人は絶対的な価値があるのと
本国日本での給料とあまりにも
差があると誰もマレーシアで働かないため、多少優遇されているというのが実情です。

なるほど。たしかに本当にローカル並の給料だったら、日本人が日本から働きに来るのは難しいかもしれませんね。
ところでマレーシアの所得税25%でしたっけ?すごい高いですよね…。働いてもお給料の4分の1が税金にとられちゃうなんて。

Re:

ふりさん
所得税26%取られるのは最初の半年間だけです。その後は税率は下がりますし、余分に納めた分も戻ってきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 仕事の募集について

トト子さんこんにちは。
とらねこです初めまして!

恐らくこちらの記事を読まれて
今回ご連絡頂いたと思いますが
http://skylounge.blog57.fc2.com/blog-entry-215.html#cm

こちらは私の友人が勤務する会社となっており
詳細に関しては私も分かりかねますので
記事中のメールアドレスに
直接ご連絡頂けますでしょうか。
まだ空きはあるかもしれません。

マレーシアでは日本人材は引く手あまたですので
ダメ元でチャレンジしてみて下さい。
よろしくお願いします!
プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。