スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急募!外資系IT企業のオペレータ

友人が勤務する、某大手外資系IT企業が現在顧客対応のオペレータを大量募集しているそうです!前からマレーシアで働きたいと思っていた方、既にマレーシアで勤務されていて転職をご検討されている方も、有名IT企業で働けるまたと無いチャンスです!


・カスタマーサービス、コールセンター経験者優遇
・ITの知識のある方
・夜勤もOKな方
・日常英会話に問題のない方

で、オペレーター勤務の興味のある方であればとにかく1度、履歴書を送って頂ければ!と思っています。

応募詳細等については、下記担当者に直接お問い合わせ下さい。なお、その際は「ブログの紹介記事を見た」と一言お伝えして頂けますと対応がスムーズです。よろしくお願いします!

sakura.inoue@hpe.com
スポンサーサイト

恐るべし吸血鬼…④

まさか、マレーシア5年目にして続編を書くはめになるとは思いませんでしたw。初心忘れるべからずです。

先日、ランカウイ島という、マレーシアの誇るリゾート地へ行ってきました。この島の特徴は同じマレーシアなのにDuty Freeとなっており、お酒が非常に安く買えるのが特徴です。反面、高級リゾートが多い為かホテルの価格は結構高めとなっております。その為、ホテルのランクを普段より少し下げてRM100台のホテルを予約しました。

現地に着いてホテルを見て「えっ、こんなとこ?」と少々ビックリしましたがベッドはメチャメチャ大きく、海も歩いて行ける距離だったのでコスパに優れたホテルだと思いました。しばらくすると、旅の疲れが出た為か、昼間なのにベッドで眠りこけてしまいました。

夜になり、友人が島にやって来たので空港に迎えに行きました。彼もこのホテルを気に入ったようでした。このようなリゾート地では現地の自然環境がメインなので、まぁ寝る所はどこでもいいかな、とそんな気になっておりました。事件が起こるまでは(笑)。

そして夜になりました。日程に余裕がある為か、疲れてるのに無理して外出せず、部屋でのんびりしておりました。夜中の12時頃でしょうか、突然友人が体中の痒みを訴えてきました。見ると太ももの裏側あたりが大きく腫れております。指も刺されたようです。部屋の中に蚊はいないはずなのに何故?という感じでした。というのも日本から持参した蚊取りスプレー(←かなり強力w)を既に撒いておいたので彼らがいるはずはありませんでした。

とするとダニかな?と思いました。彼らは目に見えないのと、刺されてから痒みが出るまでかなり時間差があるので発見は無理かな、なんてしばらく思っておりました。ふと視線を枕元に移すと、黒くて小さな虫がササーっと移動してました。これはひょっとして!と思いよく見ると、そうです、あの悪名高いBed bug(南京虫)でした!体長は5ミリほどとなっており動画などでは見た事ありましたが、肉眼では初めて見ました。

まさかコイツがいるベッドで自分が寝ていて、しかも今まで無傷だったのは信じられませんでしたが、いきなり現れた吸血鬼を前にどうやってやっつけていいか迷いました。何かハンマーのような物で叩いて殺したかったのですが、間違いなくシーツは血の海になりますw。ティッシュでくるんで殺すのが最適ソリューションでした。

しばらくベッドバグが現れるのを待ちました。枕カバーに潜んでいた奴を2匹殺しました。どうやら敵はベッドマットとベッドボードの間に潜んでいるらしく、そこから出てきた奴をさらに2匹殺しました。ベッドバグを1匹見かけたら確実に10匹ぐらい潜んでいると見て間違いないでしょう。しばらくベッドバグとの死闘をenjoyしましたが、そんな恐ろしい奴が潜んでいるベッドで眠れるはずも無く、クルマの中で寝ることにしました。

翌朝、ホテルの主人にベッドバグがいた旨を告げると、大そう恐縮してこちらが頼んだ訳でもないのに宿泊代金を全額返金してくれました。また別の大きな部屋と交換してくれました。何やら別の宿泊客も被害にあっており既にチェックアウトしたとの事。その日から我々は別のホテルに泊まる予定だったので良かったのですが、もし同じホテルしか選択肢が無かったら本当にイヤだったと思います。

ベッドバグは凶悪で耐性がある為、殺虫剤も効きません。昆虫というよりまるで生物兵器のようですw。こんな生き物と人類は仲良く共存などできませんので、見つけたらすかさずティッシュで包んで昇天させてあげましょう!

台湾 Internetローミング指南

ワンパターン企画ですがU-mobileの無料ローミングを台湾の高雄でも出来るかどうか試してみました。

注)無料ローミングは2016/4/6に既に終了し、現在は有料のサービスに切り替わっております。

まず出発前にマレーシアでRM50以上をトップアップしておきます。そしてあとは30日以内に台湾に行く、それだけです。非常にシンプル♪

台湾に着くとSMSが届きます。1日50MBまでは無料でインターネットが使える(しかも毎日!)という太っ腹な内容です。あとはmobile networksのMobile DataおよびData Roamingの設定をONにするだけです。



すると、TW Mobileという現地のキャリアで接続できていることが分かります。LTEではありませんでしたが、現地でInternetが出来るという事は非常にメリットがあります。

注意点としては、無料のInternetだけをエンジョイしたい方は使い過ぎないことです。50MB容量のうち、80%、100%を使った時点で下記のような案内が来ます(なぜかポップアップ)。

これを無視して使い続けると、RM30/日が課金されてしまいますのでご注意を!(但し容量は無制限)。余計な出費を避けたい方はInternetはホテルのWifiをメインで使用し、mobileでの使用は控えめにすることをオススメします。

この太っ腹な無料ローミング、とっても便利で助かります。早く日本でも使えるようになるといいですね。

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。