スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器の取り付け(DIY)

日本で暮らしていた人間がマレーシアに来て戸惑う事のひとつとして、水問題がある。日本では、とりわけ東京都ではオゾンや活性炭による脱臭などを施し、高度処理水となっている為、水道水をそのまま飲むことができる。しかし、世界的に見れば水道水をそのまま飲めるような国は非常に稀で、飲めない国がほとんどである。ここマレーシアでも同じである。

私がマレーシアに来たばかりの頃は、水でホントに苦労した(苦笑)。最初はタクシーに乗って、遠くのスーパーまで行って水のまとめ買いなどをしていたのだ。毎回水ごときでこんな苦労をしなくてはいけないのか?と非常にブルーになったのを覚えている。しばらく暮らしているうちに、コンドミニアム敷地内に有料の浄水器(コイン制)があることが分かり、水に関しては大分楽になった。

20150712_151008.jpg
毎回こんな感じのデカいペットボトルを持って水を汲みに行っていた。ただ、この水が無くなると、また汲みに行かなければいけないので、湯水のように無制限に使うわけにはいかず、とても大切に水を使っていた。職場には当然浄水器が設置してあったので、勤務時のみならず、プライベート用としても重宝した(笑)。

そしてスバンジャヤに引っ越してからはルームメイトがブリタ(BRITA)の浄水器を持っていたので、とりあえずそれで凌いでいた。
Brita.jpg

こんな簡単な作りで大丈夫なのか不安になる作りだがw、一応この浄水器で料理を作ったり、お茶を飲んだりしても特に何も問題はなかった。ただ、ろ過した水をそのまま飲む気にはならなかった。

で、最近になってからはこのブリタの浄水器が事情により使えなくなった為、スーパーに買いに行ったり、職場の浄水器の水をペットボトルに詰めたりしてセコく凌いでいたのだが、何か不自由だった昔に逆行しているみたいでイヤだったのでw、ようやく浄水器を設置しようという気持ちになった。

いや、実は浄水器を設置しようと思ったのは今回が初めてではなく、来馬当時も同じだった。スーパーに浄水器らしきものが売っているのは分かっていたのだが、どうやって取り付けるのか分からないし、買ったはいいが、取り付けられなくて無駄になるのも嫌だったので怖くて買えなかったのである。

最近はというと、かなり水回りのDIT知識・スキルが向上しており、ちょっとチャレンジしてみたくなったのと、実際飲み水で困っているという事情が重なり、今度こそは浄水器を設置してやる、という気持ちになったのだ。

さて早速お目当てのスーパーに行ってみると、いろいろな種類の浄水器が置いてあるのが分かります。
20150712_134120.jpg
左下から、洗濯機等に取り付けるタイプ。台所用のシングルフィルタータイプ、ダブルフィルタータイプ(2種類)、日本製の浄水器。BUY JAPANで信頼のPanasonic製を買いたいのはやまやまだったのですが、日本製の欠点としてはどのようにフィルタリングしているのか、外側からよく分からない(つまりブラックボックスとなっていてつまらない)というのがあります。あとは交換用のフィルターがちょっと高めなのでランニングフィーが高くつくかなといった感じ。
20150712_134124.jpg
と、いうわけでマニアな私としては、ろ過の様子が外側から分かりやすく、かつダブルフィルター仕様の、マレーシア産の浄水器(Q plus Double Filteration System)を選んだ。お値段はRM69.90。これならばフィルターの汚れ具合もバッチリ分かるので、浄水器のありがたみを実感できる仕様なのです!(こんな事を考えるのは私だけ?w)。本体価格も交換用フィルターも安くつきそうです。
20150712_142807.jpg
ちなみにパッケージの中身はこんな感じ。青い部品はカートリッジを取り外すのに使うらしい。
20150712_143105.jpg
さて実際の取り付けですが、蛇口に付いている泡沫用の金具を外し・・・
20150712_143206.jpg
そこに浄水器の金具を取り付けるだけ。「たったこれだけ?」と、拍子抜けするほど簡単でした(笑)。こんなんだったら早くやっとけば良かったよw。何事も案ずるよりは産むが易しとはよく言ったものですね。但し気を付けてもらいたいのは、蛇口がこの泡沫アダプタ付きのもの、もしくはネジ山のない物だと取り付けが難しいかも。
20150712_143604.jpg
さっそく浄水器に水を通してみました。蛇口付近のレバーを操作することで、浄水器を通すか、原水を吐き出すか選択が出来ます。最初に浄水器を使う際には活性炭の粒と思われる細かい黒いものが出てくるので、しばらく水を出しっぱなしにするのがいいでしょう。実際濾過された水を飲んでみたけど、結構いい感じです!おいしい!w。これで当分飲み水には苦労しなくなりました!

スポンサーサイト

マカティ(Makati)から歩き始めよう

先日、フィリピンのマニラに行ってきました。実はフィリピンに行くのは今回2回目で、前回は5年前になります。当時、持参したガイドブックは地球の歩き方フィリピン。
20150710_014043.jpg
首都マニラのどこを歩こうかと思っていたところ、無責任な文章が(苦笑)。

マニラの歩き方 「エルミタ&マラテ地区」・・・観光のメインといえるエリア
「エルミタ&マラテ地区の歩き方」・・・エルミタから歩き始めてみよう


少しでもフィリピンに詳しい方は、上記の紹介文を見て「えーっ!!!」と驚かれるであろうw。しかし当時、無知&素直だった私はこの文章を信じて、「よし、行ってみよう!」と早速向かってしまったのだ。結果、どうなったかというと、フィリピン到着初日にも関わらずスマートフォンを盗まれてしまったのだ!

これまで世界の至る所を旅した気でいた私だったが、こと治安の悪い国を旅した経験はなく、危ない目にあった経験も無かったので油断しておりました。それでもフィリピンに行く前には外務省の海外安全ホームページなどを見て、十分に情報収集を済ませていたつもりだったのですが。。。

当時、私はスマートフォンで撮った写真を使って、現地でブログでも書こうと思っていたので、非常にショックを受けました。観光に来たはずなのに恐怖でホテルから一歩も出れなくなり、「ひどい国へ来てしまった」ともの凄く後悔しました(笑)。何せ、泊まっているホテルからたった50m離れているコンビニ(セブンイレブン)に行く間に何人も声を掛けられるのです。怪しい両替商のおじさんや売春婦、タクシー運転手、バイアグラ等の薬売り、鞄に手を出してくるストリートチルドレン・・・。常に誰かに見られているような視線を感じます。フィリピンは銃社会の為、銀行の前にライフルを持った警備員がいるのはごく当たり前なのですが、エルミタ地区は特に治安が悪いためか、当時、セブンイレブンの中にも銃を持った警備員がいました。怪しい人達から必死に逃れ、安全なコンビニに逃げ込む、といった表現が適切かもしれません。

他にもいろいろといやなエピソードはいっぱいあったのですが、皆さんを脅すことやフィリピンをけなすことが今回の記事の目的ではないのでこれくらいにしておきます(笑)。私が強調したいのは、「フィリピン」「マニラ」とは言っても、地域によっては治安の状態に格段の差があり、治安の悪いと言われている地域に近づかなければさほど問題ない、という事です。

フィリピン(マニラ)初心者の方に言えることがあるとすれば、エルミタ&マラテではなく、治安の良い、マカティ(Makati)から歩き始めよう!という事です(ちなみに地球の歩き方は5年たった今でも記述がそのままとなっているため、編集部に抗議をしようと思っていますw)。日本とほぼ変わらない治安レベルのマカティである程度フィリピンに慣れてから旅を始める事をお勧め致します。またマニラには一切立ち寄らず、空港からそのままセブ(Cebu)やボラカイ(Boracay)等に行かれるのもお勧めです!

2回目となった今回の私のフィリピン旅行(マニラ)ですが、治安の良いエリア限定で行ってきました(笑)。

マカティ(Makati)、オルティガス(Ortigas)、グローバルシティ(Global city)

これから順にご紹介しようと思っております。

フィリピン Internetローミング指南

ワンパターン企画ですがU-mobileの無料ローミングをフィリピンのマニラでも出来るかどうか試してみました。

注)無料ローミングは2016/4/6に既に終了し、現在は有料のサービスに切り替わっております。

まず出発前にマレーシアでRM50以上をトップアップしておきます。そしてあとは30日以内にフィリピンに行く、それだけです。非常にシンプル♪

フィリピン着くとSMSが届きます。1日50MBまでは無料でインターネットが使える(しかも毎日!)という太っ腹な内容です。あとはmobile networksのMobile DataおよびData Roamingの設定をONにするだけです。



すると、Globe Telecom-PHという現地のキャリアで接続できていることが分かります。LTEではありませんでしたが、ホテルのWifiの電波がちょっと弱かったので助かりました。

注意点としては、無料のInternetだけをエンジョイしたい方は使い過ぎないことです。50MB容量のうち、80%、100%を使った時点で下記のような案内が来ます(なぜかポップアップ)。

これを無視して使い続けると、RM30/日が課金されてしまいますのでご注意を!(但し容量は無制限)。余計な出費を避けたい方はInternetはホテルのWifiをメインで使用し、mobileでの使用は控えめにすることをオススメします。

この太っ腹な無料ローミング、とっても便利で助かります。早く日本でも使えるようになるといいですね。

u-mobileのLTE(4G)エリア拡大

私が愛用しているサブキャリアであるu-mobileですが、4Gエリアがいつの間にか拡大していましたのでシェア致します。

前はKL近郊だとSubang jayaとPuchongのみだったので大幅な進歩です。もっと詳細なエリア情報はというと

画面の色の濃い点が4Gエリアです。正直まだ点であって、面とは言えないですねw。こんな狭いエリアなのに堂々と謳ってしまってるのがマレーシアっぽい?

ちなみに行政の中心であるPutrajayaや我々IT関連企業の集積地、Cyberjayaが未だに含まれておりません。こんなんだから未だにサブキャリア扱いなんだよねw。

ちなみにu-mobileをお使いの方がSIMを4G対応にするのは非常にカンタン。

SMSで23118という宛先にLTE ONと記入して送るだけ。カンタンでしょ?(実際はデバイスもLTEに対応している事が必要です。詳しくはLTE関連の過去ログを漁って下さい)。

私の友人はNWの専門家のくせに4GとかBluetoothとか非常に疎いんですよね。まぁ教科書に書いてないから仕方無いんですけどねw。今度手伝ってあげるつもりです。
プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。