スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇口の交換2(DIY)

ワンパターンですが、我が家にあるもう一つのトイレの蛇口も気に入らなかったのでこちらも交換することにしましたw。もちろん大家さんにはナイショですが、彼女なら文句は言わないでしょう!

デフォルトで付いていると思われる蛇口です。他のユニットでも同じタイプを見かけたのでこれがスタンダードかと。それにしても味気ない外観ですw。蛇口を何回転かさせないと水が出てきません。またそのネジ回しのような構造ゆえに赤サビの混じった水が発生しやすいのです。

こちらがビフォー・アフターになりますw。なんとも可愛らしいデザインではありませんか!お値段はたったのRM21.9です。優れているのはデザインだけではありません!この蛇口、わずか90度左にひねるだけで全開になります。また泡を含んだ水が出てくれるので、勢いが強いにもかかわらず、水が飛び散りにくいのです。

やはり新しいモノはいいですね。何というか、古いモノの欠点を克服するように改良されている点が多いので、わざわざお金を払って変える価値があるというものです。

この記事を読んで自分もやってみようと思ったあなた、念の為大家さんには確認を取ってくださいね。それではまた!
スポンサーサイト

【風化防止】Mont kiara温水器事故

立て続けに水回りネタの記事を書いたので、今回はこのような記事も。

実は、今回蛇口の取り付け方法などをネットで調べていて偶然見つけたのですが、2013年9月にモントキアラという、日本人が多く住む高級住宅街のコンドミニアムで、電気温水器による感電により日本人夫婦が亡くなっていたらしいです。最初にシャワーを浴びていた旦那さんが感電し、助けに行った奥さんまで感電して亡くなったそうです。しかも生後6か月の幼いお子さんの残して。。。マレーシアには長年住んでおりますが、このような悲しい事件があった事を私は全然知りませんでした。

日本ではお湯はガスで沸かすのが常識ですが、マレーシアではもとの水温が高いため、電気で沸かすことが一般的です。たいていのコンドミニアムのシャワーにはこのような電気温水器がついております。
20150602_180839(0).jpg
使いたい分だけお湯を作ってくれるので、非常に便利で経済的です。しかし、これが原因で人が死ぬとは思いませんでした。上記の温水器はイメージで、私の家の場合、信頼の日本製(Panasonic)となっているのでまぁ問題はないかな、と思うのですが、油断は出来ません。しかも呆れたことに、このような死亡事故は現地ではさほど珍しくないとのことで、いかにメーカー、施工業者、現地人の意識が低いかよく分かります。日本では考えられない事ですね。

現地で電気温水器を使っている方は使用する際に十分気を付けて下さい。また不用意に電気温水器に水を掛けたりしないことをお勧め致します。最後に亡くなったご夫婦のご冥福をお祈り致します。

関連リンク
http://asia-tropicallife.blogspot.com/2013/09/blog-post_11.html
http://ameblo.jp/takarabe88/entry-11621487494.html

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。