スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-mobileは最強?2

最近になって、U-mobileが4Gサービス(LTE)をリリースしたようだ。

まぁ3G対応のデバイスしか持っていない
私には関係ない話かもしれないがw
高速のInternetをプリペイドで使用できるのは
マレーシアでは画期的な事だと思う。
(従来はポストペイドのみ)。

U-mobileのいいところは
4Gへの移行しやすさにあると言える。
まず、4G専用のSIMカードなどは要らず
既存のSIMから簡単に移行できる。
(特定の宛先にsmsを送信するだけ)。

また料金プランもバカ高いわけではなく
毎月RM38~と非常に手頃である。

あとはLTEに対応したデバイスを買って
かつLTEのサービスエリア内にて
通信をすることが必要である。

この最後の2項目が敷居が高く、
ほとんどの方はまだLTEを使えないだろう。
ちなみにエリアは以下の通りだ。


都心部のKLやCyberjayaがエリア外なのは
理解に苦しむが、3Gパケットの利用が
多いエリアを先行して選んだそうな。

Subang jayaやPuchongにお住まいの方
是非、人柱になってみませんか?w
スポンサーサイト

マレーシアで働いてみませんか?2

実はこのブログではあまり仕事の記事を書いていなかった。
仕事関係の人も見てるだろうし、部下のマレー人も日本語が上手なので
簡単に読めてしまうのだ。しかし、最近はそうも言ってられなくなってきた。

つくづく思う。「助けてくれ、日本人!」と。

実はものすごい、マレーシアの転職事情

マレーシアに来てから一番びっくりしたのが
ローカルの人が簡単に辞めてしまうことだ。

しかも派遣や契約社員のポジションではなく
正社員にも関わらず、である。これは本当に驚きであった。
日本とは違い、正社員であることなどにたいして価値が無いのだ。

毎月のように誰かしら辞めていくのだが
ひどい時には1ヶ月に2人ぐらいのペースで辞めることもあった。
しかもたかだか数ヶ月しか働いていない人が、ロクに職場に貢献することも無く
さっさと次の職場に移っていくのだ。

しかも下の人間だけでなく、マネージャークラスの人間も割りと簡単に辞める。
以前、自分の上司であった人間がたったの3ヶ月で辞めてビックリした。

こんな数ヶ月しか働いていない人を次の企業はよく採用するものだなとか
思うのだが、そのぐらい現地では売り手市場で景気が良いのだ。

こないだもランチで食事を取っている際に、チャイニーズマレーの男性社員を見かけた。
何か会うのは久しぶりだなとか思っていたら、何と彼は既に転職していた。
彼は英語、日本語、中国語、マレー語と4ヶ国語も話し、CCNPなどの高度なIT資格も持っていた。
とっても優秀で好感の持てる人物だっただけに、非常に残念であった。

日本人であることの優位性

彼のような優秀な人材は引く手あまたで転職しやすい、とはいえ
そうでない人も1年ぐらい働いてはすぐに辞めてしまうケースが多い。

これだけ人材が流動的にも関わらず、なぜ企業が成り立つかといえば
現地で働いている日本人の存在が大きい

もちろん日本人でも現地に適応できず、すぐ帰国してしまう方も稀にいるが
たいていの日本人は与えられた仕事をしっかりこなし、長く会社に留まるのだ。

加えて、現在の仕事のほとんどは日本から移管されてきた仕事の為
日本語のできる人材(特にネイティブ)は無条件で価値があるのだ。

海外で働く、というと「自分は語学が苦手だから無理かな」なんて
思う方が多いのだが、そんなことはない。かくいう自分も旅行の際に
相手に通じるぐらいのレベルの英語でしかないが、現地では問題なく暮らせている。

英語が必要な場面もあるといえばあるのだが、メール・会話も含め
仕事の9割は日本語で行っている(私の場合)。

語学力はそんなに高くなくてもいいが、好奇心旺盛で
ハングリー精神のある、そんな日本人がやってこないかなと
常日頃思っている。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

マレーシアで働いてみませんか?

いつの間にか、マレーシア滞在が2年を超えていましたw。
早いものですが、でも思ったよりも普通に暮らせております。

同じ時期に渡馬した仲間たちも、今ではすっかりベテランとなり
職場では貴重な戦力です。

皆、当初はお金が無くて苦労しておりましたが
今では現地で貯めたお金でクルマやバイクを手に入れています。

こっちに来る前は、初めての外国での生活ということで
とっても不安が多かったです。その為、日本にいるうちに
私は周到に用意をしておきました。

現地への下見旅行

私自身、フィリピンに旅行に行き、とても怖い目にあったので
東南アジアで暮らすというのは非常にハードルが高い行為でした。

現地できちんと暮らせるかどうかを確かめる為に
シンガポールとマレーシアに下見旅行に行ったのですが
実際は拍子抜けするほど問題無く旅行に行けました。

「これなら住んでも大丈夫かな?」そう思い、今に至ります。

マレーシア語の習得

現地は英語が通じるみたいだけど、公用語はマレーシア語みたいだから
日本にいるうちに本やCDでも買っておこうかな?と思い
出発の日まで毎日マレーシア語のCDを聞いておりました。

現地でもマレーシア語の講座に通ったのですが
実力は?というと相当怪しいです(笑)。
しかし現地(特に職場)ではマレーシア語を使う機会は実は少なく
英語をまず完璧にしてからマレー語を学んでもいいかなと思います。

ブログの開設

何も日本でなくても開設できますが(笑)、私としては
出発前の心境から何からきちんと記録したいと思って
このブログを始めました。

他の方の情報源として役に立つだけでなく、自分自身の考えの整理や
過去について調べ物をしたいときに非常に役に立ちます。
また、ブログを通じて知り合った方、我が社に入社してきた方などもいて
人間関係を広げるツールとしても役に立ちます。

私のブログの左下に地球儀みたいな画像があるのですが
こんなブログでさえ、世界各国からアクセスされているのは驚きです。


他にもいろいろと準備したことはありますが
自分の中ではこの3つが今でも印象に残っています。

本題とかなり外れてしまいましたが、マレーシアで2年近く働いた
仲間たちが現在、次のステップの為に会社を離れていっています。
(ちょうど区切れも良く、入れ替えの時期のような感じです)

マレーシアで働きたいという日本人の方がいらっしゃるのであれば
チャンスですので是非仲間になっていただきたいと思っております。

興味のある方は是非コメントをお願いいたします。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

U-mobileは最強?

マレーシアに来てからというもの
ころころ携帯電話会社を変更していた私の旅も
ついに終着点を迎えることになった。

いろんなキャリアを試してみたが
恐らくこのU-mobileが最強のキャリアではないか?
というのが私の結論である。

<U-mobileのいい点>

1.月額料金が安い!(私の場合RM28)
2.Internet速度が速い
3.U-mobile同士は通話料無料!
4.Kakaoトーク無料

まず1.についてです。にわかに信じがたいのですが
私の場合RM28を払うだけで通話料、SMS、Internetの
全てが収まってしまい、他に追加料金が発生しなかったのです。

私が加入するUMI28というプランは

・Internet無制限(但し500MB以上は速度制限あり)
・通話料100分まで無料
・SMS30通まで無料

という内容になっています。自分としては今までMaxisの
1日100MBプラン(RM2)を愛用していたので
たった500MBで1ヶ月持つものかね?と思っておりました。

以下は使用開始前の状態です。
Screenshot_2013-10-29-03-20-01.png
しかし100MBという容量を動画などの重いコンテンツを
使用することなく使い切るというのは実はすごい大変で
通常のブラウジング、メールチェック、Facebook程度であれば
たとえ1ヶ月使ったとしても大したことが無いのが分かりました。

そして1ヵ月後の使用状況です。
Screenshot_2013-11-24-16-02-52.png
Internetに関してはたったの205MBしか使っていません!
まぁもちろん私の場合は自宅にブロードバンドを引いているので
パケットの使用は外出時のみとなりこの値になるのですが
意外とデータって使っていないんだなぁということを実感しました。

通話に関しては業務などでも結構使うので
このぐらいの値は納得できる感じです。

そうそう、使い切れなかった通話料とSMSに関しては
次の月にキャリーオーバできるようです。
(Internetに関しては持ち越せ無いのが残念・・・)

次に2.に関してですが、自宅や職場(Cyberjaya)において
通信速度がかなり速いのです。
Screenshot_2013-11-20-11-37-23.png
下りで3~5Mbps、上りも1~2Mbpsぐらい。
3G業者にしては何の問題もない速度だと思います。

3.と4.に関してですが、カップル同士でU-mobileにすれば
相当通話料金を節約できることうけあいです。周りの人が皆、
U-mobileにすれば通話料がタダになるのですが、イマイチ弱小キャリア?
のように思われている為か、あまり普及しておりません。
(実際、U-mobileはCelcomのMVNOです)。

節約派のあなたは今すぐU-mobileにチェンジ!

こんなに紹介記事を書いてあげたんだから
U-mobileからは米1年分でもプレゼントしてもらいたいぐらいだ(笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。