スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cyberjayaバス事情⑤

いい加減、バスに関してはネタ切れか?
と思いきや、Updateがありましたのでシェア致します。

マレーシアとシンガポールは隣国なので
飛行機やバス、電車で気軽に行くことができます。
また値段も驚くほど安く行けるんです。
(飛行機:RM59~、バス:RM45~、電車:RM50~)

AirAsiaのチケットの中でもシンガポール行きは
群を抜いて安いです!
ただ、飛行場までの往復時間やシートの狭さを考えると
必ずしもベストな乗り物とは言えません。

自分はまだバスで国境越えをしたことが無く
一度やってみたいと思っておりました。

バスは単に安いだけでなく、最寄の街からSingaporeの
中心エリアにダイレクトに行けるので無駄が無いのです!
また座席はビジネスクラス並みにゆったりとしていて
割と快適なのです。

そんな便利で安い長距離バスが、何と!Cyberjayaから
出ているというウワサを取材班はGETしました。

バス通の私としては「何かの間違いじゃないか?」と
思っておりましたが、先日遂に発見してしまいました!

To Singapore
何と!CyberjayaのStreet Mall付近からSingaporeまで
RM50ぐらいから行けちゃうじゃないですか!!!

値段はわりと高めですが、ダイレクト便みたいだし
交通費等も考えると十分安いです!!!

問題は、本当に一般の人も利用できるのかどうかと言う点と
本当に寄り道せず、快適な旅ができるのかどうかと言う点です。
チャーター便みたいだから人数が少ないと心配ですし・・・。
どなたか人柱になってみませんか?(笑)。
スポンサーサイト

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjaya進出企業

もっと早くこのような記事を書くべきでしたが
今更ながら、作成しようと思います(笑。
これからCyberjayaで生活する予定の方は参考にして下さい!

Cyberjayaとはマレーシアのシリコンバレーと呼ばれており
マレーシア政府のIT特別区となっております。
首都クアラルンプールから南へ50kmに位置し、
多くのIT企業が集積しています。

NTT-MSC.jpg
トップバッターは日本のNTTCommunicationsです。
NTT-MSCとは現地の子会社のことです。

Ericsson.jpg
北欧の携帯電話機メーカーERICSSONです。
非常にゆったりとした作りで外資っぽいです。
ここの社食はおいしいので一度行って見て下さいw。

AXIS.jpg
ここはAXISという会社です。IT系でなく不動産投資関係?
の会社みたいです。

AMD.jpg
AMDです。自作パソコンとか好きな人なら知ってるかも。

BMW.jpg
BMWです。有名なIT企業・・・のわけないですね(笑)。

DELL.jpg
DELLコンピュータです。いかにもIT企業っぽいビルですね。

FUJITSU.jpg
富士通です。ちょっと地味なのでデザイン的に冒険して欲しいかも。

HP.jpg
HPです。個人的にはこのデザイン好きかも~!!

ふう、疲れた。というわけである程度紹介しましたが
まだまだいっぱい企業はあるんですね。
不定期にUpdateしますのでよろしくお願いいたします。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Maxis(Hotlink)は最低!その3

Maxis(Hotlink)のネガティブ記事を書いているうちに
Google検索で「Maxis 最低」とか
「Maxis 使いづらい」とか入力すると
このブログがトップに出るようになってしまった(笑
なんとかしてよ、Maxisさん!

昨日も100MB=RM2/DayのInternet Planを申し込んだ。
100MBを使い切った状態、または1日が経過した状態で
Internet接続が止まってくれればいいのだが、そうはならず
そのままダラダラとパケット消費が続いてしまうのだ。

そうするといつのまにか高額なパケット料金が適用になり
どんなに残高を増やした状態であっても
ガンガン残高が減っていく・・・

昨日はInternetラジオをつけっぱなしで寝入ってしまったので
気がついたときには上記のリミットを過ぎてしまい
結局、追加でRM10も余計に払ってしまった。
このRM2/Dayのプランで言えば5日分が無駄に消えた。

このようにMaxis(Hotlink)のプランの問題点は
使用者のうっかりミスにつけ込んでお金を掠め取っていく
ことにある。本来、問題が起こらないように、DIGIのように
上限(RM8)を決めたり通信をシャットダウンでもすればいいのに
Maxisはそれを知ってて放置している悪質な確信犯である。
このうっかりミスに乗じた売り上げは相当な額を占めると思う。

一方、1日RM2で済むと思って申し込んだにも関わらず
不当?にお金を掠め取られた利用者は納得がいっておらず
キャリアをうらんだり、不平・不満を持ったりすると思う。

というわけで当然私もMaxisには見切りをつけて
第三のキャリアであるCelcomのSIMでも買おうと思っている。
マレーシアはSIMの料金も安いしね。

Maxisさんも商売の本質に立ち返り、お客さんが満足して
継続して利用してもらえるようなサービスを目指して欲しい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Maxis(Hotlink)は最低!その2

トップアップしたばかりの貴重なRM150を
ろくにネットを使いもしないのに
Maxisに根こそぎ持っていかれて頭にきたので
第2弾の記事を投稿いたします(笑)。

私の貴重なRM150が半日で消え去った理由が分かりました。
Maxis(Hotlink)には「Pay per use data charge」と
いう、デフォルトでInternet接続できる料金体系が
あるのですが、これがありえないほど高額なのです!

単価は1KB(キロバイト)=1Senとなっておりまして
「何だ、安いじゃないか」と思われるかもしれません。
ところがデータ量を増やしてみてみると

  1MB=RM10
 10MB=RM100!
100MB=RM1000!!!(約2万5000円!)

のような、とてつもない金額になるのです!!!

通常、携帯電話のトップアップでRM100というのは
かなり潤沢に残高がある状態です。
電話やSMSで使い切ろうと思ったら大変です。さらに
RM1000も入っていたら、「いったい何につかうの?」と
笑われても不思議でないくらいな状態です。

こんなに残高がいっぱい入った状態であっても
Mobile Internet Passを購入しない状態で
Internet接続し動画でも見た日にゃ、一発で無くなります!

(例えば、画質にもよりますが、たった10分ぐらいの
動画ファイルでもデータ量は100MBぐらいになります)

ちなみにHotlinkのInternet Passですが
100MB/dayがたったのRM2(約50円)で販売してますが
購入しなかった場合は500倍!の料金が適用になり
不当に高額な料金を払わねばなりません。

せめてDigiのように「1日最大でもRM8」とか制限つければいいのに
知っててそれをしないMaxis(Hotlink)は悪質な確信犯です。
多少ITの知識がある私でもこのざまですから
一般の方は何が起きたか手がかりすらつかめないでしょう。

私はRM150すられてからというもの
怖くてRM30ぐらいしか入れないようになりました。
(それでも根こそぎ持っていかれそうで怖いですが・・・)

Hotlink使われている方は本当!に気をつけて下さいね。

✔Mobile Internet Pass無しにInternetに接続しない事!
✔Passを購入しても上限でSTOPしないので気をつける事!
✔トップアップは最小限にして残高を増やしすぎない事!

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。