スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車の整備記録

愛車の整備状況を記録しておこうと思う。

<2012年>

6月29日 クルマ購入(Perodua Kancil)
     走行距離160,989km

9月 8日 オイル、オイルフィルタ、エアフィルタ交換
    (総額RM101.6)
     走行距離161,424km

11月13日 タイヤ交換(4本)。総額RM499。
     155/70R12
     走行距離170,500km

11月17日 ステアリング交換。
総額 RM137

次回はブレーキフルード交換、エンジンオイル交換、クーラント交換
といったところか。
スポンサーサイト

theme : マレーシア
genre : 海外情報

クルマ購入への長い道のり③

2回目にオーナーに会ったときは
国際免許証のコピー、パスポートのコピー
自宅宛郵送物のコピー、頭金を渡した。

こっちだけ個人情報を提示するのもしゃくなので(笑
オーナーにもお願いしたところ快く応じてくれた。
運転免許証、Mykad(身分証明書)を控える。

手続きが終わった後、一緒に食事をしたが
こうやって現地の人とコミュニケーションを取るのは
非常に楽しい。

実は自分は最近フットサルで足を痛めたのだが
彼も以前フットサルをやっていて、ケガをしたらしい。
そして入院し、手術をし、その間は会社を休んだそうだ。

自分の捻挫がなかなか治らない旨を告げると
ちゃんとした病院に行ってみてもらうよう
アドバイスをもらった。

そしていよいよ3回目にオーナーに会うことになった。
保険の手続きは前回既に済んでいるので
今回は譲渡前の車の検査、および名義変更だ。

BangiにあるPUSPACOMに向かう。
IMG_0818.jpg

ここは陸運局のようなところで
中古車を売買する場合はここでチェックを受ける。
クルマを購入する者としてはありがたいところだ。
自分の場合、検査にRM30掛かった。
IMG_0820.jpg

写真、撮っちゃいましたが本当は撮影不可みたいです(汗。
検査自体は特に問題なかったが、フロントガラス内側に
貼ってあったフィルムを剥がすよう、指示された。

検査が終わると次は名義変更だ。JPJというところに移動する。
IMG_0822.jpg

名義変更のお金はRM100もする。
実はクルマはオーナの奥さん名義の為、
ここで奥さんが登場。キレイなマレー人女性だ。
手続きの間、3人で一緒に食事をした。

その後、ROAD TAX RM20を支払う。

途中、保険証券に記載のパスポート番号の修正が必要など
トラブルもあったが、なんだかんだでようやく終了。
最後にクルマの代金を手渡し、晴れて自分のクルマとなった。

よくやった、自分!!!(笑

theme : マレーシア
genre : 海外情報

クルマ購入への長い道のり②

前回のつづきになります。

恐る恐るオーナにSMS(ショートメッセージ)を送ってみた。
普通のメールで書くような丁寧な英語で。

「オーナー様。あなたのクルマが気に入りました。特に色が。
見せてもらってもよろしいですか。私はCyberjayaに住んでいます」

すると「もちろん。いつ?」とすぐ返事が返ってきた。
メールでのやり取りだと相手がどんな人だか良く分からない。
たいていは省略したメールを返してくるのでテキトーな人に見える(笑)。

「土日に見たいです。Cyberjayaまで来てもらえないでしょうか?」

「ちょっと・・・いけない・・なぁ。bangiまできて下さい。」

「bnagiのどこですか?もし駅から遠かったら行くのが大変です。」

「駅の近くです。ところであなたはローカル(マレー人)?もしくは外国人?」

「はい、外国人です。私はあなたのクルマが見たいが、そのためにはクルマが必要です(笑)」

「OK。明日そちらに行きます。詳細を教えて下さい」

「Cyberjayaまで来てくれるってことですか?」

「Yes!」

「ありがとうございます。それでは明日の5時に会いましょう」

てなわけでいきなりオーナーに会うことになった。
ALAMANDAショッピングセンターで待っていると
ネットで見たのと同じ青いクルマを発見した。

「オーナーの方ですか?」
「はい、そうです」

オーナーの第一印象はとても良かった。
彼はマレー人で私より年下だが、しっかりしている人だった。
そして何よりのんびりしていて親しみやすい人柄だった。

近くの駐車場にクルマを停めて、実際に見せてもらった。
エンジンから灯火類まですべてチェックしたが、とにかくキレイだ。
内装も手が入れてあり、純正のクルマとは比較にならない。

走行距離が16万Kmとかなりいっているのが難点だが
ここマレーシアでは中古で10万Kmオーバは珍しくない。

試乗を希望したところ、あっさりとOKしてくれた。
当日は国際免許を家に忘れて来ちゃったんだけどね(笑)。

久々のマニュアル車だったが、マレーシアでも同僚のクルマを
運転させてもらったことがあったので問題なく運転できた。
エンジンは調子がよく、スムーズに加速する。
そんなわけでしばらくPutrajayaの街をクルマで走行した。

最後、Putrajaya Sentral駅まで送ってもらったが
私としてはすでに購入する気マンマンだった。
こんなコンディションの良いクルマは見逃してはいけない。

「次はいつ会いますか?」
「(ビックリして)えっ、このクルマ買いたいですか?」
「Yes!」

というわけで次は翌週の月曜日に会うことになった。
次回はPassportや国際免許証の写しと住所を確認できるもの、
それに頭金をオーナーに渡すことになる。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

クルマ購入への長い道のり①

最近、ようやくクルマ購入への目処がついたので
ここにご報告させて頂きます。
それにしてもここまで辿り着くにはホント、長かった(笑)。

ちなみに自分が辿って来た道のりはこんな感じだ。
(非常に長文なので、読みたい方のみお読み下さい)

■クルマを購入するまでの経緯

現地では鉄道もバスも使いづらく、クルマが必須であることに気づく。
                 ↓
入社したばかりなので貯金も無く、クルマを購入するのは困難である。
                 ↓
レンタカーが割りと安く借りられることを発見する(RM700/月~)。
                 ↓
車種の選定も完了し、いっちょ借りてやろうかという気になる。
                 ↓
同僚が相次いでクルマをレンタル。クルマを借りる必要性薄れる(笑)。
                 ↓
日本からお客さんが来馬予定。仕事上でクルマの必要性高まる。
                 ↓
もう一度、クルマをレンタルしてやろうか、という気になる。
                 ↓
レンタカーを借りた同僚の運転が荒く、保険に入っていない噂が会社に流れる。
                 ↓
会社から入社6ヶ月以内の人間はクルマ通勤不可の通達が届く。。。orz
                 ↓
レンタルしても実質休日の2日間しか利用しないことになる為
クルマをレンタルするモチベーションが急速に低下。
                 ↓
しかし業務上、立場上、クルマがないと非常に不便なことに気づく。
                 ↓
上司に業務上、クルマが必要である為、自分だけでも許可できないか交渉。
                 ↓
上司からさらに上司に相談。ルールを決めたのが別の部署の人間の為
組織の一番上の人間(社長)まで許可を取らないといけないことが判明。
                 ↓
こうなったらクルマ(中古)を購入してやろうか、という気になる。
                 ↓
マレーシアでは中古車は相対的に高く、故障も多い為、簡単でないことが分かる。
                 ↓
仕方が無いので新車を購入してやろうか、という気になる。
                 ↓
マレーシアの貯金ではまだ買えず、日本の銀行から送金すれば買えそう。
                 ↓
日本の銀行に海外送金登録しておらず、海外送金できないことが判明。
                 ↓
弟経由で海外送金してもらえないか相談。彼も慣れていない為、Pending。
                 ↓
日本の程度のいい中古車をマレーシアに輸出することを検討。
                 ↓
弟経由でいろいろ調べてもらったが、やはり大変なことが判明(笑)。
                 ↓
クルマが買えそうにないのでバイクを買おうか検討開始。
                 ↓
マレーシアでは日中はうだるような暑さ、スコールの為、決心がグラつく(笑)。
                 ↓
それでも移動できないのは非常に不便な為、スクーターでも買おうかと思う。
                 ↓
バイクショップに行ったところ、スーパーカブ新車がRM3000以下で買えることが判明。
デザインも非常にかわいく、買おうかどうか非常に悩む。
                 ↓
何度かショップに通ったが、実はカブのコピー品(マレーシア製)であり
非常に壊れやすい為、オススメできない旨、店員に告げられる(笑)。
                 ↓
バイクを買うモチベーションが急速に低下。再度中古車探しを始める。
                 ↓
何件かディーラーをまわったが、程度が悪い割りに値段が高く、難航する。
                 ↓
再度レンタルを検討。なかなか良い貸し手が見つからず、苦労する。
                 ↓
そうこうしているうちに、ようやく入社6ヶ月が経過。クルマ通勤可能に!
                 ↓
中古車をインターネット経由で購入した同僚に相談。さも簡単そうに語る
彼の口調から、いっちょネットで購入してやろうかという気になる。
                 ↓
ビビリながらもオーナーに連絡。クルマを見せてもらうことに。
試乗もさせてもらったが、とてもいい感じだったので購入を決意。


と、いうわけで非常に長文で失礼致しました(笑)。

たかがクルマではありますが、マレーシアで生活している方は
多少似たような思考回路に陥るのではないでしょうか。

マレーシアは日本と同じ左側通行である反面、運転マナーが悪く
事故や盗難なども多い為、決心がグラつくこと請け合いです。

車購入の詳細については次回。。。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

電気料金 2012年6月

今月もまた電気料金の請求書が届いた。

今月は同居人が一人、出張でいなくなっていた為、
電気料金は減ると予想していたが、案の定
RM114.15と減少していた。

しかし一人当たりで割るとRM57ぐらいとなった。
なんだ、先月よりも上がっているではないか(笑)。

節電のPOINTは分かっている。
誰も使っていないのに電気をつけっぱなしだったり
シーリングファンが回りっぱなしだったりすることだ。

誰かの役に立っている電気は必要ではあるが
誰の役にも立っていないのに浪費されている電力は
無駄以外の何物でもない。

なーんて(笑)、静かにモチベーションを燃やしながら
来月も節電に励むぞ!と思っている自分は
自分を結構気に入っている。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

ガス料金 2012年6月

今回は初めてのカテゴリーになるが
我が家も初めてガス欠となり、料理が出来なくなった(笑)。

そう、ここマレーシアでは都市ガスではなく
プロパンガスが使われているのだ。

我が家にはスペアボトル?が置いてあったので
動揺せず交換したのだが、実は既にカラであった(笑)。

くそー、オーナーめ!スペアがあるって言ったのにー。と湧き上がる
怒りを抑えつつ、ガス屋さんのケータイに電話をかけた。
(ちなみにガス屋はペトロナス(ガソリンスタンド)みたいだ)。

「ガスがなくなったので持って来てもらえませんか?今晩。」
「電話じゃ受け付けないからSMS(ショートメール)して!」

というわけでガス屋さんにSMSを打つと、営業時間外だから
明日のあさ届けるとのこと。料金はRM26/1本らしい。

次の日の朝になるとガスのボトルを満載したトラックがやってきて
ボトルを2本届けてくれた。

ささいな出来事かもしれないが、現地の人が当たり前に
していることを自分も出来るようになると嬉しい(笑)。

一歩一歩、着実に現地人化は進んで行くのであった。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。