スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道料金 2012年4月

ポストにInvoice(請求書)が入っていた。
今度は水道料金だ。
2012年1月~3月の3ヶ月分みたいだ。

前回が、RM135.24!も取られたので
水漏れするトイレの元栓を締めたりして
節水の為の努力をしていた。

その甲斐あってかRM44.16に収まりました。

日本だったらトイレの修理ぐらい、自分でできるのだが
ここマレーシアのトイレは構造が違うようで
タンクを開けることが出来ない。

プロに見てもらったほうがいいのかなぁ。

前回、水道料金はMaybankの窓口に行って
振込み手続きをしたのだが、今回はオンラインで
挑戦してみようと思う。
スポンサーサイト

theme : マレーシア
genre : 海外情報

電気料金 2012年4月

今月もまた電気料金の請求書が届いた。

やはりエアコンはやめられない。
就寝時以外はファンだけだと蒸し暑いかもしれない。

最近、割と自炊もするし、コーヒーなども電気ポットで
沸かして飲んだりするためか、先月よりも若干高めで
RM44.05でした。

無駄遣いはしていないつもりなので、だいたいこのぐらいが
平均使用料かなぁと思っている。

最近、Tenaga Nasionalというマレーシアの電気会社のサイトで
オンライン決済する、というワザを覚えたので
わざわざ郵便局まで支払いに出向く無駄が解消されました。

今日、アクセスしたらメンテナンス中でだめだったけど(笑

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjayaバス事情③

Cyberjayaバス事情も3回目とくればもう上級編だ(笑)。

Cyberjayaを歩いている際、青色のカッコイイバスを見かけたことが無いだろうか。例えばこんなやつだ。
dtsbuses.png

このバスはCyberjaya DTS(Dedicated Transport Services)という登録制の有料バスだ。
ちょっと観光バスチックな外観だが、それもそのはず。Cyberjayaに勤めている・住んでいる方が行くであろうと思われる、ありとあらゆる長距離ルートを網羅しているのだ。
Routes.jpg

自分は郊外に出ているときにこのバスを見て、おおっCyberjayaまで行ってくれるんだ。乗せてってくれー!と何度思ったことか(笑)。
席が空いているのなら、都度利用も可にしてくれればいいのだがそうは問屋がおろさない。
利用の際には事前の登録料RM300(RM50のデポジット含む)、および毎月の支払いにRM250もかかる。
さらに利用する前に事前にオンラインで予約が必要らしい。気軽に利用するにはちょっとハードルが高いなぁ。

一旦登録すると、i-Buttonという専用のトークンをもらえるらしく、こちらを利用の際に使用する。

なお、Cyberjaya内でのPick-up、Drop-offは以下の場所のようだ。
DTS Route Map @Cyberjaya 600x275

ちなみに自分の家の前のバス停は通らないっぽい(笑)。一度ぐらい使ってみてもいいかなと思ったけど、お金のムダでしかないかもしれない。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjayaバス事情②

RAPID KLの3系統のバスを乗りこなすことができれば
あとはもう怖いもの無しだ。
次々といろいろなバスにチャレンジしてもらいたい。

Cyberjayaでは上記に加えて、本数は少ないものの
以下のような種類のバスが存在する。

①Sri Indahバス 573A系統
IMG_0342.jpg
この緑色のバスを見かけたらラッキーだ。
なんとCyberjayaからKL(KOTA RAYA付近)まで
乗り換えなく、わずかRM5で行くことができる。

ルートは以下のようになっている。
IMG_0343.jpg
基本的にPutrajaya Sentral駅とKOTA RAYA間を結ぶ路線だが
行きはCyberjayaからPutrajayaを経由して(この区間はRM2)、
KOTA RAYAまで行ってくれる(帰りはPutrajayaまで利用でき、Cyberjayaには寄らずDENGKILに行くようだ)。

②MetroBus 68系統
IMG_0658.jpg

本数が少ない印象だが、このバスもまれにCyberjayaで見かけることがある。
基本的にPutrajaya Sentral駅とKOTA RAYA間を結んでおり
この区間に関してはRM3.5で行くことができる。

行きのルートでは①Sri Indahバス 573A系統と同じくCyberjayaで乗車することができる。

私は帰りのルートしかまだ乗ったことがないのだが、その場合は
KOTA RAYA → KTM SERDANG駅 → ALAMANDA → Putrajaya
のようなルートを通る。さらにそのまま乗り続けるとDENGILの
方角まで行くようだ(Cyberjayaには寄らない)。

このバスの帰りのルートについてはツッコミどころ満載で
KLでお買い物した人が、ALAMANDAショッピングセンターに寄るか?
というとそんなことは無く(笑)、ルート的に非常に無駄がある。
(非常に時間が掛かるのでKLIAトランジットのほうが結果的にお得だ。)

MetroBusはホームページですら整備されておらず、謎が多い。

車体が古くて汚いが、一度チャレンジしてみても面白いかもしれない。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjayaバス事情①

先日、Cyberjaya在住の、とある日本人女性と知り合った。
彼女は私と同じような時期に来馬し、同じように交通機関に不自由していた。
無料で乗れるシャトルバスにお金を払おうとした彼女を見てふと思った。

やっぱりマレーシアのバスは分かりづらくて不親切だよね。
よしっ!マレーシア・公式バスアドバイザー資格を持つ(←ウソ)
この俺が助けてやる!

日本のバスにあって、マレーシアにないものがある。それは

・停留所名
・時刻表
・路線図
・社内アナウンス
・バス運転手のモラル(笑

こんな状態でよく利用できるなぁ、と思われるかもしれないが
事実である(Cyberjayaに限った話かもしれないが)。

私のようなバックパッカーならいざ知らず、か弱い女性では
とてもじゃないが、利用を躊躇してしまうだろう。

IMG_0136.jpg
上記はCyberjayaにあるバス停である。屋根とゴミ箱がついているのは
ありがたいが、日本のバス停のように停留所名、時刻表、バス系統
などの表示はいっさいなく、バスがどこに行くのかも分からない(笑)。

Cyberjayaで一番良く見かけるのが「RAPID KL」というバスだ。
IMG_0154.jpg
車体は比較的新しく、キレイであるが押しボタンが壊れていたり
ドアがうまく開かなかったりするのはマレーシア流かもしれない。

Cyberjayaではありがたいことに無料※で利用できるシャトルバスが2系統ある。
(※注意:2012年6月1日より有料化されました)

・SHU1・・・Street Mall発,Cyberia,MMU,TMnet,LUCCT経由、Street Mall戻り
・SHU2・・・Street Mall発,Domain,Street Mall(反対車線),Prima Avenue,Cyber View,
       Lake View,Cyber Heights,Dell,HP,Domain,Prima Avenue,Street Mall戻り

とくに分かりづらいのがSHU2系統で、活用するには慣れが必要かもしれない。

それとCyberjayaからPutraJaya Sentral(鉄道駅)まで行く際に利用するのが
U429というバスだ。運賃はゾーン制となっておりRM1~3の幅で変動する。
また最新の私の研究(笑)によると時間帯別に料金設定が違うことが判明した。

日本の常識で考えると、自分が今いるバス停の反対車線にあるバス停は
自分が行こうとしている方向と逆に向かうバスであることが多いが
ここマレーシアではこの常識は当てはまらない。

反対車線を走るバスがそもそも無かったり、まったく違う系統だったりするからだ。

利用しづらいバスだが、知的好奇心旺盛な私はとても気に入っている(笑


<追伸>

最新の情報によると、2012年6月1日より、今まで無料だったシャトルバスが
値上がりするらしい。一律1RM取られてしまうのだ。サービスは向上するのか?!

そうそう、それとSHU1およびSHU2の路線図および時刻表を発見しました!!!

http://cyberview.com.my/v4/index.php?option=com_content&view=article&id=784&Itemid=367

どうして時刻表をバス停に貼らないのか謎ですが(笑)

theme : マレーシア
genre : 海外情報

文章のチカラ

文章を書くのはいいことだ。
自分を離れた位置から、客観的に見ることができる。

複雑に絡まった糸のような難解な気持ちですら
ひとつひとつときほぐしてシンプルにしてくれる。

先日、ずいぶんと恥ずかしい記事をUPしてしまったが(笑)
そのおかげで自分が何を悩んでいたのか、どうしてそのような気持ちになったのかが
自分自身でハッキリと分かってしまった。
(そのおかげで今では随分と気持ちもスッキリし、前向きに考えられるようになった)

原因はもちろんここには書けないが(笑)、限定記事ということで
今後親しい人だけには見てもらいたいと思う。

(最近、「限定記事」という素晴らしいワザを覚えた。これなら同僚の目を
気にすることなく、好きなだけ自分の気持ちをつづることができる(笑)。)

但し、なるべく自分の文章を読んだ方が傷ついたりしないような
文章にしたいと思う(例え限定記事であっても)。

自分は普段からあまり愚痴らないタイプだが、やはり文章に表した
自分の愚痴は、後で見返すととても見苦しいものであった。
将来の売れっ子作家がこんなことでは困りますね(笑)。

明日からまた仕事だが、今週も頑張って乗り切っていこうと思う。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。