スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンゴスチン初体験!

今日は同僚からおすそ分けをもらった。
なんでもマンゴスチンを大量に購入したらしい。
500gでRM2.5とか言ってたかな?

250px-Mangosteen.jpeg
ドリアンが果物の王様ならば
マンゴスチンは果物の女王と言われているらしい。

皮はやわらかく、手でむくことができる。
中身は写真のようにニンニク?のような
白い果実が入っているのだが
これがまたさっぱりとした上品な甘みで
とってもおいしい!

マレーシアに来た際は、ぜひ購入されることを
オススメします!自分も今度買おうっと!
スポンサーサイト

theme : マレーシア
genre : 海外情報

バスケの試合

今日は同僚たち7人とバスケをやりにPutrajaya(プトラジャヤ)に行った。
元サッカー部とかってよくいるもんだけど
元バスケ部とかも結構いてびっくりした。

同僚が住むコンドミニアムにはナイター設備付の
バスケットコートが一面ある。もちろん無料だ。
ゴールにネットがついていないのがちと寂しい。

それにしてもこの年になると
コートを全力で走るのがこんなにも苦しいものか
と思ってしまう。フットサルとかの時もそうだけど。

今日は確か週の始まりの月曜日のはずだが(笑
エネルギー配分?も考えずにバスケをしてしまうのは
マレーシアが開放感に溢れているためかもしれない。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

水道料金 2012年1月

ポストにInvoice(請求書)が入っていた。
今度は水道料金だ。
2011年10月から12月分みたいだ。

料金は電気と違って高く、RM135.24!もする。
トイレのタンクからの漏水をほったらかしているのが
原因だろうか。ちゃんとメータの値まで書いてあるから
恐らく本当だろうと思うが。

自分が来たのは12月だから、ちょっと納得が行かないが
電気料金同様、次回の請求時は安く上げるぞと
闘志を燃やした(笑)。

ケチケチ生活も目標を持つと結構楽しい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

ようやく休日だ!

長かった1週間が終わった。ようやく休日が来た!って感じだ。

今日はちょっと早起きしてバスケのシュート練習をしてきた。
そうそう、自分が住んでいる近くには結構バスケのゴールが
いっぱいあるので、すでにマイボールを購入し、
たまに練習していたのだ。

マレーシア人とバスケの試合で対決したこともある。
こちらは同僚3名(全て日本人、バスケ経験者)で挑んだが
やはりブランクがあるため、シュートがまるで決まらず
結構差をつけられてしまった。

私はかなり負けず嫌い?(笑)な人間なので
バスケのスキルアップの為、たまにトレーニングを
しているというわけだ。

そろそろシュートも少しはまともになってきたので
マレー人とまた試合がしたいと思っている。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

電気料金 2012年1月

昨日、電気料金の請求書が来た。
日本のガスや電気と同じように、メータで測った値を
感熱紙でプリントアウトしたような用紙がポストに入っていた。

私は日本で究極の節電生活を強いられた為か、
ここマレーシアでもその教訓が十分に生かされている。

乾燥機は使わない、照明は白熱電球は避け
蛍光灯を使用する、こまめに電気を消すなど。

そんなかいあってか
1月の請求額(12月使用分)はなんと!RM24.65(617円)だ。
フツーはこんなに安くない。先月はRM50.6だし
同僚は月にRM100も払っているようだ。

私はここマレーシアでも節電に気を使い
地球にやさしい、お財布にやさしい生活を実践するつもりだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

サルに会える日・・・

ちょっと昔の話になるが、
昨年マレーシアを訪れた次の日の早朝に
周辺の探索の為、散歩をしていた。

すると、なにやらゴミ捨て場の近くにうごめくものがいる。
色は明るいグレーだ。最初はネコかなにかと思ったが
明らかに高さ?がある感じだ。

しばらく「???」と思って遠くから観察していると
その動物は立ち去ってしまった。
シルエットがサルっぽかったので、サルかな?と思った。

ここではリスもたくさんいる。色は黒っぽい。
高速で道路を横断し、道路わきの側溝にもぐっていく。
自分が見たのはリスザル?だったのだろうかと思っていた。

するとまた別の日の早朝、今度はなにやら集団!が
ゴミ捨て場の前でうごめいている。良く見るとやっぱりサルだ。
7~8匹はいるだろうか。小さな赤ちゃんもいる。
なんか、一家総出でゴミをあさりに来た感じだ(笑)。

残念ながらこの時カメラは持っていなかった。
あれから一度もサルを見かけていないのだが
自分は必ずゴミ捨て場をチェックするようになった(笑)。

ちなみにその場所はこんな感じだ。すぐ裏がジャングルになっており
いかにも何か出てきそうな雰囲気であることが分かるだろう。
PC180042.jpg

theme : マレーシア
genre : 海外情報

日本人がやってくる!

今日、新たに日本人が3名、やってきた。
仕事の関係上、お食事会には参加できなかったが
どんな方が来られたのだろうか。

これまでは10名ぐらいでこじんまりやっていて
自分としてもその小規模な感じが良かった。
しかし、マレーシアビジネスの急拡大に伴い
日本人の数も急拡大する予定みたいだ。
今後半年以内に一気に100名!以上増えるとか(驚)。

自分としてはレストランで食事していても、日本人は
自分たちのテーブルだけで、他の客や従業員は
いろいろな国籍の人、という感じがとても気に入っているのだが
今後はあらゆるところに日本人があふれ、日本語が飛び交うと思うと
ハッキリ言って興ざめである。

せっかくわざわざ外国にまで行って、海外気分を味わっているのに
日本と変わらなくなってしまう。
海外で見かける、「いらっしゃいませ」の日本語の看板のような
ガッカリ感、とでも表現したほうがいいのだろうか。

マレーシアは自分だけが知っている、異国の秘境のような場所でいて欲しい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

いつの間にか・・・

ブログをはじめてはや1ヶ月以上が過ぎた。
早いものである。
それでも基本、毎日更新している為
結構いっぱい記事をかいたなぁと思う。

最近気づいたのだが、Googleで
「サイバージャヤ」「ブログ」で検索すると
TOPに表示されるようになった。
ある意味便利だが、ある意味怖い気がする。

家族や友人、親戚なんかがこのブログを
見てくれていると思って書いているが
そろそろ自分とは何の面識もない方が
見てくれている可能性も十分ある。

それどころか、職場の同僚がたまたま私のブログを
発見し、しっかりお気に入り登録している可能性も十分ある(笑)。
そうなると職場のグチも書きづらくなるな。
まぁあまりネガティブな記事は書かないけど。

いつかはこのブログを元にマレーシア関連本を
出版し、印税で生活したいと思いつつ(笑)、
誰にも知られずにひっそりとブログを綴りたい、
とも思うので不思議なものである。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

マレーシアは甘くない・・・2

今日は旧正月だというのに仕事だった。
まぁ自分が立てたスケジュールだから仕方ないけど
日本側のプレッシャーによってこうなったともいえる。

仕事を終えた後、同僚4人と晩ゴハンを食べに行くことになった。
歩いていると、いきなり目の前に一台の車が停まり、
「Are you Japanese?」と笑顔で話しかけてきた。

自分は直感的に「こいつはヤバイ。怪しい!」と思って
無視しようと思っていたのだが、同僚は何と彼と会話をし始めた。

すると車の男は「自分はポリスマンだ。パスポートを見せろ」と
いきなり言ってきて、警察手帳?のようなものを見せた。
同僚はあたふたしている。男はだんだん高圧的になってきた。

私は見かねて「お前は本当にポリスマンか?」と聞いたところ
「そうだ、ポリスマンだ」などとぬかしてくる。
「お前の乗っている車はポリスマンの車じゃないよな?」
と言って、そのままシカトして立ち去ろうとした。

車を降りてきて、何か言いがかりでもつけてくるかな?と思いきや
あっけなく、そのまま車は立ち去ってしまった。
完璧、にせポリスマンだったというわけだ(笑)。

同僚は完全にパスポートを見せようとしていたらしい。
あぶない、あぶない。パスポート奪って逃げる魂胆だったのだろうか。

海外では相手から話し掛けてきたら、まず疑ってかかったほうがいい。
ヘタに会話しないほうがいいケースというのは非常に多い。
英語が苦手だけど、警戒心の薄いタイプが一番危ないと私は思う。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

ドライブ小旅行、ポートディクソン

最近同僚2人が相次いでレンタカー(月極)をGETし始めた。
そして、今マレーシアは旧正月(チャイニーズニューイヤー)で
連休に浮かれている、というわけで車2台でビーチに行くことになった。

車で揺られること約3時間、ようやくポートディクソンについた。
本来ならばもっと早く来れるのだが、高速での渋滞がものすごく
結構な時間ロスになった。

でもそのかいあって、開放的な海を目前に見ることができた。
P1220106.jpg
ここはポートディクソンといって、KLから最も近いビーチと言われる。
日本で言うと江ノ島みたいなところで水質もまずまずだが
海気分を満喫できるところなのだ。

同僚たちは皆、バナナボート(RM20/一回)に乗り込んだが
私は年長者ということで、大人しく貴重品の管理に励むことにした。
P1220109.jpg
だが、このバナナボート、傍目から見ててもかなり面白そうで
次に来たら絶対に乗ってやるぞと思ってしまった(笑)。
かならず全員が海に放り出されるタイミングがあるのだ。しかも沖で。

その後はマレー人がビーチサッカーをやっていたので
同僚と日本代表として勝手に参加することにした。ボールが海にころがると
本当にボールをけったりキープしたりするのが難しい(笑)。

ゲームが終わった後、マレー人たちが握手を求めてきた。
ひとつまた国際交流を促進しちゃったな、という気になった。
Cyberjayaからも結構近いので、またちょくちょく遊びに来たい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

英語、マレー語、タミル語

マレーシアの公用語はもちろんマレーシア語(マレー語)ではあるが
英語の通用度がかなり高く、英語だけできれば生活はできる。

ただし、英語が通じない、もしくは役に立たないシチュエーションが
いくつかあるので紹介したい。

・電車に乗ったが広告がマレー語で書かれており、読めなかった。

・TVをつけてニュースを見ようと思ったがマレー語で放送されていた。

・韓国ドラマを見ようと思ったが、マレー語音声で楽しめなかった。
(マレーシアでは二ヶ国語放送とかしていないらしい・・・)

・コンビニエンスストアで買い物をしたが、店員がインド系だった。

・インド料理を食べに行ったが、店員に英語が通じなかった。

そんなわけで英語以外の語学も結構活躍のチャンスはあるのだ。

最近、同僚たちの間で流行っているのが、インドの言葉(タミル語)だ。
いつも通っているインド料理屋は店員がインド系のみの為か
英語がほとんど通じない(マレー語は可)。

しかも無愛想でニコリともせず、オーダを急かすように接客している。
そんな中、同僚の一人がタミル語で店員に挨拶を始めた。
するとどうだろう、いつも無表情な店員が笑顔に変わるではないか!

会話本を片手にいろいろと質問をしているうちに
他の店員も集まってきて、なんだか非常に和やかな雰囲気になってきた。
あの愛想の無い店員さんの爽やかな笑顔はやみつきになる(笑)。

タミル語がひそかなブームになりそうだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

最近の勤務体系

1月からシフトに入った旨は、前の記事に書いた。
当初は日勤・夜勤とこなす予定だったが
夜勤をやるとあまりにも作業効率が落ちるので
現在は日勤ばかりやっている。

朝の7時30分から働き始め、夜の19時30分までと
ちょうど時計がぐるっと1回転するまでが勤務時間だ。
これを月~金まで繰り返すことになる。
(ちなみに通常勤務時間は9時~18時)

このようなシフトプランを考案したのはもちろん私だ(笑)。
私と部下は12月中旬に来たが、今回のプロジェクトをこなすにあたり
明らかに実力が不足していることが明確だったからだ。

短期間に他のメンバーの実力に追いつき、それを超えるには
やはり長時間勤務でバリバリ鍛え上げるしかない。
でもそのおかげで2人とも着実に力をつけてきたと実感している。

なかでも成長著しいのは私の部下だ。彼は結構いい年なのだが
エンジニア経験が少なく、にもかかわらずその自覚が無く
下手すると新卒で入ってきたメンバーに負けるのでは?と
心配していた。

そんな彼は最近、IT基礎知識の講師役としてのポジションを
すっかり獲得してしまった。当初は彼のIT知識の獲得と
それをメンバーに教えることによる相乗効果を期待したのだが
思った以上にうまく働いた感じだ。

また、彼は1から10まで私が指示しないと自主的に動けない
人間じゃないのか?と心配していたのだが、今では自分のロールを
確実に理解し、自分の頭で考えてちゃくちゃくと実行している。

この調子でぐんぐん伸びていって欲しい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

ドラゴンフルーツ・スターフルーツ

マレーシアに来たら、是非食べてもらいたいものがある。
それは現地の果物だ。

日本では手に入りにくい現地の果物が安い値段で手に入る。
IMG_0186.jpg
左がスターフルーツで右がドラゴンフルーツだ。

特にオススメなのはドラゴンフルーツで
中身をみたら・・・フフフ(笑)。
私は結構インパクトを受けた。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

真夜中のスコール

夜中にものすごいスコールが降ってきて目が覚めた。
雨だけだったら気づかず寝てたと思うけど
もの凄い雷を伴っていたのでイヤでも目が覚めた。

部屋を暗くしてカーテンをあけると
空が物凄く光っていた。あまりにも音が大きいので
念のため、家電製品をコンセントから遮断しておいた。

こちらのスコールは半端なく降る。
傘を差して歩いていても全く太刀打ちできないだろう。
日本の夕立やゲリラ豪雨のようなイメージに近いかもしれない。

ただ、やはり1~2時間ぐらいしか持続しないので
スコールの後はしばらく安心して外出することができる。
またスコールの後はとても涼しく、意外と楽しみだったりする。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

マレーシアは車社会

マレーシアは車社会だ。少なくとも私の住んでいる
Cyberjayaでは必需品である。
車がないと職場にも通えず、最寄り駅にも行けず
スーパーへの食料品の買出しにも行けない。

毎日の生活パターンはだいたいこうだ。

<朝>
 家の前にあるセキュリティゲート付近で
 同僚と送迎のタクシーに乗り込む。

<昼>
 職場の敷地内にある食堂以外のランチを
 食べたい場合は、絶対にクルマが必要。

<夕>
 決められた時間にタクシーが迎えに来て
 家まで送迎してくれる。

<夜>
 スーパーに買出しに行きたいときは、行きたい人を募り
 皆でタクシーに乗り込んで買い物に出かける。
 特に飲料水は重くてかさばるので、車は必須である。

 外食に出かけたい時も、行きたい人を募り
 皆でタクシーに乗り込んで行く。もしくは
 クルマを持っている人を巻き込んで行く。

<休日>
 KLに出かけたい時は、いつくるかも分からないバスを待ち
 最寄り駅まで行く。もし急ぎの場合はタクシーで行く。

 最寄り駅から帰る際は、運良くバスがいるときは
 バスで帰れるが、いない場合が多く、仕方なくタクシーで
 帰ったりする。


なんて具合だ。

クルマ事情についてはもう少し書く予定である。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

弾丸JB旅行②

JB自体はさほど大きくなく、市街地だけなら
歩いて回れるような印象だ。

ここにはペナンのような無料シャトルバスは
なさそうなので、ひたすら街歩きをした。
まだ朝だったので日差しも弱く、快適だった。
IMG_0240.jpg
上記は美術館らしい。広大な芝生に囲まれて、とてもキレイだった。

JBの海岸沿いの道は本当に見どころ満載だ。
ドライブとかしたら、かなり気持ちがいいと思う。
IMG_0247.jpg
上記はアブバカール・モスクという歴史のある建物だ。
中に入ろうとしたが、ムスリム(イスラム教徒)でないと
ちょっと無理のようだ。それにしても美しい。

IMG_0249.jpg
海はやはりキレイとは言いがたい。シンガポールは本当に近く
いつでも密入国可能なぐらい近い(笑)。

IMG_0251.jpg
帰りは高速バスで帰ることにした。KLまでわずかRM31。
3列シートで車体も新しく、内装も豪華。快適なたびになるはずだった。
IMG_0252.jpg
ところが、2度目のバス休憩の際に、このバスに置き去りにされてしまった(T_T)。
正確には、別のバスに乗り換える人の為に一時停車したのを
私は休憩に入ったと勘違いして降りてしまったのだ。

座席には自分の席取りの為に地球の歩き方を置きっぱなし
だったので、ちょっと痛かった。
バス会社には英文メールでクレームを送っておいた。これもいい勉強かな(笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

弾丸JB旅行①

最近、毎日が長時間労働のシフト勤務なので
ストレス解消のため?また寝台列車で旅に出ました(笑)。

KL SENTRAL駅23時発。あとは寝ているだけで目的地へ。
なんか自分的にはどこでもドアのように便利なツールなのである。
IMG_0226.jpg
目を覚ますとそこはJB(Johol Bahru)SENTRAL駅。最近移転改装してできたので
キレイでとても目新しい。

IMG_0227.jpg
実はJBに行くのにはとても勇気が必要だった。なぜならJBは
マレーシアの中でも治安の悪い地域で悪名高いからだ。
あの地球の歩き方にも脅し文句がいっぱい書いてある。

 ・ロレックスをした男性が、時計ごと腕を切断された。
 ・ナイフで脅されて金品を奪われた
 ・ブロックで殴られ、ひるんだすきにかばんを奪われた

こんな文、読んだだけで旅のモチベーションが下がるというものだが(恐)
私にはそれでも行くべき理由があった。

JBはマレーシア第二の規模を持つ都市でシンガポールとも近く、
現在、「イスカンダール開発計画」という経済特区のような計画があり
今後急速に発展することが確実だからだ。

またシンガポールから直接LRTが乗り入れるような話しもあるようだ。

IMG_0229.jpg
実際街を歩くと、確かにガラの悪そうな地域もあるのだが、
割と歴史のある、落ち着いた街並みも結構目にすることができた。
IMG_0236.jpg
IMG_0234.jpg
海の向こうはシンガポールだ。あまりにも近いことが分かるだろう。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

フレンドリーな?マレーシア人

来馬して早くも一ヶ月が過ぎたが、
今のところ、私のマレーシア人の印象はとても良い。

やっぱり皆、親切でやさしくて、穏やかな人が多い気がする。
それと、見ず知らずの人に気軽に話しかける人が多いみたいだ。

ある日バス停でバスを待っていたところ、作業車?と思われる車がとまり
おじさんが降りてきた。

最初は白タクでもしたいのかな?と思ったのだが、
どうやら道を聞こうとしているらしい。

おじさんは必死でマレー語で話し、私は必死で英語で話したが
もちろん話しが通じなかった。ガソリンを入れたいようでもないし。
やがておじさんは引き上げていった。

また別の日の出来事だが、同じくバス停でバスを待っていると
車が停まってきた。またもや白タクか?と思いきや
そうではなく、やはり私に道を聞いてきた。

ただ、この人は最初から英語で話しかけてきたので
スムーズに会話できた。どうやらKLに行きたいらしい。

「ここの道をまっすぐ行くとB15という道路にぶちあたるので
そこを右にまがり、しばらく行くとMEX(高速道路)がありますので
そのまま行けばKLに行けます。」と教えてあげた。

男の人はたいそう感謝していた。私はというと
マレー人に道を教えてしまった自分に酔っていた(笑)。

他にも自分の同僚の女性は「かわいいサンダルはいてるね」と
マレー女性から声を掛けられたり、見ず知らずの女性から
いきなりお菓子をもらったりと、信じられない話が結構ある。

どんなマレーシア人に遭遇するか、これからも楽しみだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

旅行会話本GET!

今日、日本からお客さんがやってきた。
自分が日本にいるときに、採用担当だった人だ。

ついでに日本から欲しいものを持っていくよ、とのことだったので
自分はあるものをオーダした。それはこれだ。
516usE4PsyL_SS500_.jpg
この本、日本にいるときは、何故か欲しいと思わなかった。
CDもついていないし、他にマレーシア語本を持ってたから
目に留まらなかったのかもしれない。

ただ、この本の内容はとても実用的で
あらゆるシチュエーションで使える言葉が満載だ。
しかも英語訳もついているので一石二鳥!さすがJTB!

KLCCの紀伊国屋で買うと法外な高値で
購入しなければいけなかったので、とても助かった。

語学本コレクションはこれぐらいにして
そろそろ本格的に勉強するかな?(笑)

theme : マレーシア
genre : 海外情報

IPアドレスの壁

日本国内にいた頃、自分は韓国ドラマにハマっており
ドラマを見まくっていた。

大昔は新宿の職安通りにあるお店でビデオを買ったり
DVDのBOXをわざわざ韓国から取り寄せたりしていたが
そのうちGEOなどで安く借りられるようになり
さらに地上波やGyaoなどでなんと無料で見られるようになった。

ここマレーシアでも韓国ドラマは人気があり
マレーシア人の心をわしづかみにしている。

ただ、日本国外からGyaoにアクセスするとこんな表示になる。
Gyao.jpg
コンピュータがインターネットにアクセスする際は
IPアドレスという「住所」を使って接続しているのだが、
海外からのアクセスはいろんな理由の為
接続が一部制限されている為だ。

他にも日本のラジオをインターネットで聞けるアプリが
あったりするのだが、こちらも同様な理由で使えなかったりする。

まぁ最近はプロジェクトが多忙を極める為、ドラマなどを見ている
時間もない為、私的には全く問題ないのだが、
マレーシアで年金生活をしている方とかにはつらいかもしれない。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

KLIAエクスプレス・トランジット

ここらで現地の交通機関についても述べていきたい。
現地サイバージャヤでもっともお世話になるのが
KLIAトランジット(各駅電車)だ。
IMG_0142.jpg
KLIAエクスプレスがクアラルンプール国際空港からKL SENTRAL駅までを
ノンストップで結ぶのに対して、トランジットは各駅に停車をする。
IMG_0143.jpg
ちなみに最寄の駅であるPutrajaya/Cyberjaya駅は空港から3つ目の駅だ。
この電車は技術の粋を極めた最新鋭の作りとなっており
マレーシアのプライドそのものだ。
IMG_0144.jpg
社内では無線LANが使えるため、スマートフォンユーザやPCユーザも
無料でインターネット接続が使える(社内で簡単な登録が必要)。
ちなみにキャリアはYESという、現地のWiMAXを取り扱う会社だ。
IMG_0145.jpg
車内はキレイで高速、快適そのものだがひとつだけ難点がある。
それはしょっちゅうダイヤが変更になり
エクスプレスに乗ったはずなのに各駅電車になってしまうことだ。

エクスプレス・トランジットは基本的に停車するプラットフォームが
別となっており、乗車の際は注意することをオススメする。
(改札なども別になっている)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

早くも紛糾!プロジェクト!

これまでなんとか順調に推移してきたプロジェクトだが
今日になって事態が急変してしまった。

もともと人件費の安いマレーシア。
日本でやっていた仕事をマレーシアで安くやってくれる、
とあれば皆、諸手を挙げて仕事を依頼してくる。

そんなわけでバンバン仕事は受注できていても
計画通り人材が集まらず、受注した仕事だけ残る、
という笑えない事態が起きてしまうのだ(苦笑)。

うちの部署も1人取られ、2人取られ・・・
しかも3月末に異動のはずが、今月末に
急遽変更になったりと、私の力の及ぶ範囲を超えている。

2月・3月の予定はある程度完成できていたが、
この急すぎる変更の結果、計画はめちゃくちゃに。
当然日本側も大混乱。どうなることやら・・・。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

来馬1ヶ月記念!

今日でマレーシアに移り住んでから
ちょうど1ヶ月経った。

それにしても非常に密度の濃い
1ヶ月だった。もっと前からこの土地に
住んでたんじゃないか、というほど長く感じた。

この1ヶ月間で、かなり居住者としてのレベルは
向上したが、向上していないものも多々ある。

ポストカードを買って、切手を貼ってあとはポストに
出すだけなのだが、ポストがどこにも見当たらない。
年賀状出してくれた皆さん、遅れててスミマセン。

それにしてもマレーシアにおける日本人社会は
ホントに世間が狭い。自分としてはナイショにしておいて
欲しいような話を何故か第三者が知ってたりする。

最近、そんなこんなで複雑な気持ちだ。
今日は同僚の誕生日会だったが、気分は晴れなかった。
こんな複雑な気持ちは、ブログには表現できないな(苦笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

マレーシア水道事情

こちらの国では水道水は飲まずに
ミネラルウォーターを買ってくるのが一般的だ。

水道水はどこかの国の水のように茶色に濁ってたりするわけではなく
ちゃんと透明な水が出てくるが、口に含んだ時点で
あまりおいしくないのが分かるだろう。

なぜおいしくないのか、東京都水道局にでも
分析してもらいたいぐらいだ(硬度が高いのと塩素かな?)。

これだけ頻繁に雨の降る国で、水をわざわざ買って
飲まなければいけないのも不思議な気がする。

そんなわけで飲料用の水はまとめて
買出しに出かけることが多い。
IMG_0212.jpg
このデカイペットボトルはなんと5.5Lもあって、非常に重い(笑)。

このように入手が面倒でお金がかかる飲料水は貴重だ。
この国で驚いたのが、レストランで食事をしても水を出してくれないことだ。

水や他の飲みものは別途買わないといけない。
日本の水源地を中国人が買い占めたのも分かる気がする。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

おすすめマレーシア語学教材

マレーシアへの渡航を控え、日本で準備していた頃
私は本屋でマレーシア語関連の書籍を探し回っていた。

しかし人口2800万人程度のマイナーな言語であるので
語学関連の本は本当に少ない。
私はInternet経由でCD付の教本をかろうじて入手した。
61TX15NEHJL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
出国前に何度も聴いたが、結構役に立ったと感じている。
(ちなみに英語ができればマレー語を勉強しなくても問題なし)

ただ、現地で本格的に生活する予定の人や
車で運転する予定の人はマレー語を勉強してもいいかもしれない。

日本で日・馬(マレーシアの意味)辞書を探したが
非常に数が少ない上に高価で内容もつまらなく
とてもじゃないが私の財務大臣が許可しなかった。

そんななか、KLセントラル駅のマガジンストアをぶらついていて
いいものを見つけた。それはこれだ。
IMG_0194.jpg
「KAMUS」は辞書の意味、「DWIBAHASA」はバイリンガルの意味で
英・馬辞典となっている。
英語もマレーシア語も学べて一石二鳥?だ。

値段もRM12(300円)と、私の財務大臣も喜ぶ価格(笑)。
日本じゃまず手に入らないと思うのでお土産にもおすすめだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

マレーシアのジュース

先日飲んだジュースを紹介します。
IMG_0195.jpg
ジンジャービア、と書かれていますが
ビールではありません。普通の炭酸飲料です。

スーパーでRM1.5(37.5円)で購入。さっそく飲んでみた。
ジンジャーエールのような感じであるが
いかんせんジンジャーが強烈過ぎる気がする(笑)。

飲んだ後にのどがほんのり熱くなるぐらい、
ジンジャー成分が濃厚だ。風邪を引いたときとか、いいかも。
今度また買おうっと(笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

初のNightシフト!

昨日からNIGHTシフトに入った。
夜の19時頃~朝の7時頃までの12時間勤務だ。

私がIT業界にはじめて入ったときも
このような監視業務だったのでとても懐かしい。

今晩のNIGTHシフトはマレーシア人2人、
日本人(新入り)1人で構成されるチームに
私と部下(日本人)が加わって5人となった。

うちの職場のマレーシア人は皆、
日本の大学に留学・卒業しているので
日本語能力はかなり高い。
また、マレーシアでは英語が日常で使われている為か
TOEICのスコアも同様にかなり高い。
ハッキリ言って日本人スタッフの英語力を圧倒している。

いつか彼らに仕事を全部持っていかれる日が来るのでは?と心配しているのは私だけではないはずだ。

そんな彼らも苦手としていることがあるようだ。例えば敬語だ。
お客様に対して「うん、分かった」と、友達言葉で接してしまったことがあるとか(笑)。

マレーシア人、日本人ともにうまく能力を発揮できるよう
環境を整えるのも私の重要な職務の一つだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

ようやく初任給GET!!!

12月中旬から働き始めたものの
それまではずっと日本の口座からお金を引き落として
暮らしていた。

私の残高が自動的にチャージされるわけでもなく(苦笑)
ひたすら減る一方なので本当に貴重な日本円だ。

そんななか、長らく待ちわびた初任給をようやくGETしました!!!
IMG_0191.jpg
注)写真はあくまでもイメージです(笑

まだ現地の銀行口座が無いので手渡しで支給でした。
RM50札が多かったのでとってもお金持ちになった気分だったが
RM50=約1250円(1RM=約25円)、と考えると大した金額でもないです。

そうそう、写真には載っていないけど
RM100のお札もあります。
ただ、金額が大きいので日常の使い勝手は悪いです。

普段もっともお世話になるのがRM1札。
タクシー、食事などの支払いには必須だ。
ハッキリ言って、RM1は札でなく、コインで発行してもらいたい。

前にも書いたかもしれないが、現地の感覚としては
RM1=100円ぐらいの気持ちで使っている。
(実際、RM1で買える自販機のジュースもある!)

日本とマレーシアの物価比較なんかも
今後取り上げたいテーマだ。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

今日から仕事始め!

お正月っぽさを感じることのできる行為として
神社へのお参りや、TVの箱根駅伝を見ることがあげられるが
それらも無いまま、今日から仕事始めだ。

昨年までは全て9時~18時の勤務時間で働いていたので
朝のランニングなども計画的に出来たが
今日からはちょっと違う。

DAYシフト(7時~19時)、またはNIGHTシフト(19時~翌7時)
のどちらかで働かなくてはいけない(一時的にではあるが)。

現在、24時間カスタマーサービスセンタを2交代制で
シフトをまわしているのだが、その業務を把握する意味合いで
1~2ヶ月ぐらいの間はこの不規則な勤務体系になる。

大変だと思うけど、頑張って乗り切りたい。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

節約するなら外食を?!

そろそろマレーシアの物価についても言及したい。
マレーシアは何でも日本より安いと思われがちだが
そうでもない。

しかし、圧倒的に安いのが外での食事の費用だ。
私が通常外食する場合の値段だが
だいたいRM6~8ぐらいに収まるよう努力している。
(あくまでもケチな私の場合だが・・・)

RM10を超えると「今日はちょっと贅沢しちゃったかな?」
という気分がする(ちなみにRM10=250円ぐらいだ)。

ところが、ちょっとコンビニに寄って牛乳(1L)、アイス、ガムでも
買って帰ろうかな、とするとRM15は簡単に超えてしまう!
(日本の金銭感覚だと恐らく逆の結果になると思うのだが・・・)

節約の為、スーパーで食材を買って自炊しようとしても、
同様に結構な値段を取られる。
(日本と同じかそれ以上の値段の品もかなりある)

何というか、スーパーなどの品が不当に高いというよりも
外食に掛かる費用が、ありえないぐらい安いのだ。
(と、いうことは外食産業に従事する人の給料も相当安いのだろう)

私はただでさえ、あまり熱心に料理をしない人間だが
ここの物価はそれに拍車をかけている。
「節約をしたかったら、自炊などせずに外に食べにいってらっしゃい!」

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。