スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器の取り付け(DIY)

日本で暮らしていた人間がマレーシアに来て戸惑う事のひとつとして、水問題がある。日本では、とりわけ東京都ではオゾンや活性炭による脱臭などを施し、高度処理水となっている為、水道水をそのまま飲むことができる。しかし、世界的に見れば水道水をそのまま飲めるような国は非常に稀で、飲めない国がほとんどである。ここマレーシアでも同じである。

私がマレーシアに来たばかりの頃は、水でホントに苦労した(苦笑)。最初はタクシーに乗って、遠くのスーパーまで行って水のまとめ買いなどをしていたのだ。毎回水ごときでこんな苦労をしなくてはいけないのか?と非常にブルーになったのを覚えている。しばらく暮らしているうちに、コンドミニアム敷地内に有料の浄水器(コイン制)があることが分かり、水に関しては大分楽になった。

20150712_151008.jpg
毎回こんな感じのデカいペットボトルを持って水を汲みに行っていた。ただ、この水が無くなると、また汲みに行かなければいけないので、湯水のように無制限に使うわけにはいかず、とても大切に水を使っていた。職場には当然浄水器が設置してあったので、勤務時のみならず、プライベート用としても重宝した(笑)。

そしてスバンジャヤに引っ越してからはルームメイトがブリタ(BRITA)の浄水器を持っていたので、とりあえずそれで凌いでいた。
Brita.jpg

こんな簡単な作りで大丈夫なのか不安になる作りだがw、一応この浄水器で料理を作ったり、お茶を飲んだりしても特に何も問題はなかった。ただ、ろ過した水をそのまま飲む気にはならなかった。

で、最近になってからはこのブリタの浄水器が事情により使えなくなった為、スーパーに買いに行ったり、職場の浄水器の水をペットボトルに詰めたりしてセコく凌いでいたのだが、何か不自由だった昔に逆行しているみたいでイヤだったのでw、ようやく浄水器を設置しようという気持ちになった。

いや、実は浄水器を設置しようと思ったのは今回が初めてではなく、来馬当時も同じだった。スーパーに浄水器らしきものが売っているのは分かっていたのだが、どうやって取り付けるのか分からないし、買ったはいいが、取り付けられなくて無駄になるのも嫌だったので怖くて買えなかったのである。

最近はというと、かなり水回りのDIT知識・スキルが向上しており、ちょっとチャレンジしてみたくなったのと、実際飲み水で困っているという事情が重なり、今度こそは浄水器を設置してやる、という気持ちになったのだ。

さて早速お目当てのスーパーに行ってみると、いろいろな種類の浄水器が置いてあるのが分かります。
20150712_134120.jpg
左下から、洗濯機等に取り付けるタイプ。台所用のシングルフィルタータイプ、ダブルフィルタータイプ(2種類)、日本製の浄水器。BUY JAPANで信頼のPanasonic製を買いたいのはやまやまだったのですが、日本製の欠点としてはどのようにフィルタリングしているのか、外側からよく分からない(つまりブラックボックスとなっていてつまらない)というのがあります。あとは交換用のフィルターがちょっと高めなのでランニングフィーが高くつくかなといった感じ。
20150712_134124.jpg
と、いうわけでマニアな私としては、ろ過の様子が外側から分かりやすく、かつダブルフィルター仕様の、マレーシア産の浄水器(Q plus Double Filteration System)を選んだ。お値段はRM69.90。これならばフィルターの汚れ具合もバッチリ分かるので、浄水器のありがたみを実感できる仕様なのです!(こんな事を考えるのは私だけ?w)。本体価格も交換用フィルターも安くつきそうです。
20150712_142807.jpg
ちなみにパッケージの中身はこんな感じ。青い部品はカートリッジを取り外すのに使うらしい。
20150712_143105.jpg
さて実際の取り付けですが、蛇口に付いている泡沫用の金具を外し・・・
20150712_143206.jpg
そこに浄水器の金具を取り付けるだけ。「たったこれだけ?」と、拍子抜けするほど簡単でした(笑)。こんなんだったら早くやっとけば良かったよw。何事も案ずるよりは産むが易しとはよく言ったものですね。但し気を付けてもらいたいのは、蛇口がこの泡沫アダプタ付きのもの、もしくはネジ山のない物だと取り付けが難しいかも。
20150712_143604.jpg
さっそく浄水器に水を通してみました。蛇口付近のレバーを操作することで、浄水器を通すか、原水を吐き出すか選択が出来ます。最初に浄水器を使う際には活性炭の粒と思われる細かい黒いものが出てくるので、しばらく水を出しっぱなしにするのがいいでしょう。実際濾過された水を飲んでみたけど、結構いい感じです!おいしい!w。これで当分飲み水には苦労しなくなりました!

スポンサーサイト

蛇口の交換2(DIY)

ワンパターンですが、我が家にあるもう一つのトイレの蛇口も気に入らなかったのでこちらも交換することにしましたw。もちろん大家さんにはナイショですが、彼女なら文句は言わないでしょう!

デフォルトで付いていると思われる蛇口です。他のユニットでも同じタイプを見かけたのでこれがスタンダードかと。それにしても味気ない外観ですw。蛇口を何回転かさせないと水が出てきません。またそのネジ回しのような構造ゆえに赤サビの混じった水が発生しやすいのです。

こちらがビフォー・アフターになりますw。なんとも可愛らしいデザインではありませんか!お値段はたったのRM21.9です。優れているのはデザインだけではありません!この蛇口、わずか90度左にひねるだけで全開になります。また泡を含んだ水が出てくれるので、勢いが強いにもかかわらず、水が飛び散りにくいのです。

やはり新しいモノはいいですね。何というか、古いモノの欠点を克服するように改良されている点が多いので、わざわざお金を払って変える価値があるというものです。

この記事を読んで自分もやってみようと思ったあなた、念の為大家さんには確認を取ってくださいね。それではまた!

【風化防止】Mont kiara温水器事故

立て続けに水回りネタの記事を書いたので、今回はこのような記事も。

実は、今回蛇口の取り付け方法などをネットで調べていて偶然見つけたのですが、2013年9月にモントキアラという、日本人が多く住む高級住宅街のコンドミニアムで、電気温水器による感電により日本人夫婦が亡くなっていたらしいです。最初にシャワーを浴びていた旦那さんが感電し、助けに行った奥さんまで感電して亡くなったそうです。しかも生後6か月の幼いお子さんの残して。。。マレーシアには長年住んでおりますが、このような悲しい事件があった事を私は全然知りませんでした。

日本ではお湯はガスで沸かすのが常識ですが、マレーシアではもとの水温が高いため、電気で沸かすことが一般的です。たいていのコンドミニアムのシャワーにはこのような電気温水器がついております。
20150602_180839(0).jpg
使いたい分だけお湯を作ってくれるので、非常に便利で経済的です。しかし、これが原因で人が死ぬとは思いませんでした。上記の温水器はイメージで、私の家の場合、信頼の日本製(Panasonic)となっているのでまぁ問題はないかな、と思うのですが、油断は出来ません。しかも呆れたことに、このような死亡事故は現地ではさほど珍しくないとのことで、いかにメーカー、施工業者、現地人の意識が低いかよく分かります。日本では考えられない事ですね。

現地で電気温水器を使っている方は使用する際に十分気を付けて下さい。また不用意に電気温水器に水を掛けたりしないことをお勧め致します。最後に亡くなったご夫婦のご冥福をお祈り致します。

関連リンク
http://asia-tropicallife.blogspot.com/2013/09/blog-post_11.html
http://ameblo.jp/takarabe88/entry-11621487494.html

ハンドシャワー取り付け(DIY)

蛇口を交換して気を良くしたのか、今度はハンドシャワーの取り付けも目論んでいるとらねこです(笑)。実は、我が家のトイレにはハンドシャワーが無く、ウォシュレット必須派の私には到底受け入れがたいトイレだったのです。
20150531_200148.jpg
この取って付けたような蛇口で一体何をしろと?(笑)
この家に引っ越した時に不動産業者の方に、ハンドシャワーに替えてもらうように大家さんに頼んで!と伝えたのですが、蛇口の形が合わないなどと拒否されてしまいました。当時は私も知識が無かった為、この蛇口の形じゃ無理かと思い込んでいました。

トイレで用(大きい方w)を足した後はウォシュレットを使えない為、仕方ないのでついでに全身シャワーを浴びるなどして汚れを落としていました。まぁそれはそれで自宅なので不便はないですが、何度もトイレに駆け込むようなシチュエーションの場合は対応しきれません!

そんなこんなで、今回水道管スキルを身に付けたとらねこは思い切ってハンドシャワーを取り付ける事にしました。作業手順は前回と同じでまずは止水栓を止めることから始めます。
20150531_104706.jpg
次に蛇口を反時計回りにひねって外します。工具が無くても簡単に緩みます。
20150531_200709.jpg
そして取り外し後の状態。実はハンドシャワーを取り付けるにはもう一工夫必要です。
20150531_200701.jpg
L字型の水栓です。これがあれば、いよいよハンドシャワーを取り付けできます。
20150531_200404.jpg
20150531_104811.jpg
ハンドシャワー本体です。RM8.9と、心配になるぐらい安かったですw。
ここで取り付け時の注意事項ですが、付属のゴムパッキンを必ず挟む事!よく水漏れしているハンドシャワーの大半はこのパッキンを挟むことを忘れた為に起きていると推測されます。それとホースに関しても取り付ける方向が決まっているようです。こんなの、普通説明書とか書いてあるだろうと思いますが、マレーシアはそれほど優しくありません(笑)。
20150531_202228.jpg
そして・・・ジャジャーン!!!見事ハンドシャワーの取り付けに成功しました!本当であれば壁面に取り付けた金具はドリルで穴を開けたりするのですが、さすがに大家さんに無断でやっていることなので今回は強力両面テープで取り付けました。うちの大家さんはいい人なので、普通に許可を取ればいいだけの話なんですけどね(笑)。

このハンドシャワー、私は凄く気に入っており、正直、日本にも持ち帰りたいぐらい気に入っているのですがw、日本は水温が冷たい時の方が多いので、やはり電動のウォシュレットを使わざるを得ないでしょう。ハンドシャワーのいいところは水床の掃除などにも使えるので、キレイ好きの人には必須アイテムと言えるでしょう。

蛇口の交換(DIY)

マレーシアではお部屋周りのトラブルはわりと多い。例えば天井から水漏れがしたり、水道周りのトラブルなど。そんな時は大家さんにお願いして、直してもらうことになるのだが、ほとんどの大家さんは対応が遅かったり、面倒くさがったりするものだ。

幸いにも、私が現在お世話になっている大家さんは、世界一デキる大家さん(笑)で非常に仕事が早く、過去、幾度も訪れたトラブルを見事にクリアしてくれている。今のところ、住んでいるコンドに大きな不満は無いのだが、洗面所の蛇口の出が悪いのと、ハンドシャワーという、マレーシア流ウォシュレットがついていないのが小さな不満ではあった。

原状復帰とか、面倒な話はさて置いて(笑)、要は大家しか出来ないと思われた作業を、自分でDIYすることが出来れば、トラブルの解決は飛躍的に速くなる(ハズ)。大家さんにはいつもお世話になりすぎているので、今回は自分で対応することにしました。水道蛇口の交換(DIY)に初チャレンジです!
20150531_104419.jpg
写真は現在使っている蛇口です。水の出が非常に悪い(絶対中で詰まっている)のと、グルグルと回して水を出すのがちと面倒なので今回交換することにします。
20150531_104706.jpg
交換する前は必ず止水栓を締めておきましょう。大抵、浴室全体の水回りはここで止められます。
20150531_104345.jpg
蛇口の取り付け構造は非常にシンプルとなっており、大抵は洗面器の下の部分にABS樹脂製のナットでとめられています。最初は専用の工具が必要かと思われましたが、手で簡単に緩めることができました。
20150531_105158.jpg
取り外すとこんな感じです。ホントはもっと汚れてましたが、撮影用にキレイにしましたw。
20150531_105328.jpg
蛇口の下のホースはこんな感じです。こちらも同様に手で簡単に緩めることができます。
20150531_104756.jpg
さあ、いよいよ新しい蛇口の取り付けにかかります。上記の写真はMr.DIYというマレーシアでよく見かけるホームセンターで購入したものです。お値段わずかRM14.9(490円)。リンギットベースだと非常に安く感じますが、今だと円安なのでメチャ安いというわけでもないですね。
20150531_105654.jpg
そしていよいよ取り付け完了!シングルレバーで操作は楽ですが、ちょっと小さすぎたかな?w。
ともあれこれで水道の出がかなり良くなり、私も満足しました(笑)。
プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。