スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適!寝台列車で行くシンガポール

私はSingaporeが大好きで大好きでw、過去に何度も遊びに行っております。今回の旅もいつもの旅と同様、2等寝台で行くつもりでした。KL Sentralでチケットを買おうとしたところ窓口のお姉さんが、今なら豪華な1等寝台個室が空いてます。2ベット合計でRM257(上段:RM118、下段:RM139)になりますがいかがですか?などと、甘い誘いをして来ましたw。いつもなら即決即断の私ですが、この時ばかりは揺れに揺れましたw。普通、2等寝台は1ベットあたりRM43ぐらいなのでこの値段の開きは大きいです。しかしこのようなチャンスの時に乗っておかないと、次はいつ乗れるか分かりません。というわけで予算オーバーなのは分かってますが思い切って購入することにw。
20150411_065524.jpg
1等寝台はS5という車両にあります。

左側が通路になっていて、右側スペースは全て個室です。


この個室の凄いところはベッドだけで無く、専用のトイレ、シャワーまで付いている事です。また未確認ながら、本来テレビまで見ることが出来たようです。
20150410_225746.jpg
トイレはもちろんハンドシャワー付き!ピッカピカな便器です。
20150410_225720.jpg
水の出はイマイチ悪いものの、シャワーがついてます。当然ですが、お湯も出ます!シャワーを浴びるなら、JB Sentralに到着する前(翌朝6時頃)までに済ませておきましょう。
20150410_225847.jpg
ホテルのようにアメニティグッズを出してくれます(KTMオリジナル!w)。バスタオルまで貸してくれるとは思いませんでした。
20150410_230511.jpg
20150410_230527.jpg
実際のベッド(下段)の様子です。2等寝台に比べマットレスがよい気がしました。
20150410_225138.jpg
操作パネルがついており、明かりをつけたり乗務員を呼んだりできるようです。
20150410_230701.jpg
2等寝台との違いは窓があるのは下段のみとなっており、上段は窓なしとなっています。ベッドに横になりながら、車窓の風景を眺めながらシンガポールまで行けちゃうのは凄くないですか!
ちなみにマレー鉄道は線路の状態が非常によろしくない為、鉄道にも関わらず結構揺れます。まぁスコール等が多い国なので仕方ないのかもしれませんが。
20150410_230109.jpg
お水も無料で出してくれます。ていうかコンビニで買ってしまったので先に言って欲しかった。。。
面白いのが晩ご飯(ナシゴレン、ミーゴレン)と朝ご飯(サンドイッチとコーヒー)まで無料で出してくれる事です。さすが1等車ですからサービスがいいですね。
20150410_225252.jpg
コンセントもついているのでバッテリー切れも心配ありません。
20150410_225827.jpg
スーツケースなども余裕で入る広大なスペースを完備!
20150412121539076.jpg
なお、シンガポールに入国する手前のJB Sentralにて出国手続きの為、一旦全員降ろされます。手荷物検査もあるため、車内に持ち込んだ持ち物はすべて持って車外に出ます。全員が出国手続きを終えたタイミングで再度列車に乗ることが許可され、いよいよSingaporeに入国です!
20150411_071006.jpg
コーズウェイという土手を渡っているところです。シンガポールは国土が小さい為、写真のようにパイプラインを引きマレーシアから水道を購入しています。2本が原水用、1本は上水をマレーシアに返しています。
20150411_072538.jpg
シンガポール側の終着駅、Woodlands Checkpoint駅に着きました。列車を下車したあと、今度はシンガポールの入国審査を行います。全てが終わっても時刻はまだ午前7:30。これならシンガポールでの滞在を存分に楽しめますね!w
スポンサーサイト

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。