スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアLRT延伸(Sri Petaling線)

今さらかも知れませんが、マレーシアのLRT(Sri Petaling線)が延伸したようなので試乗に行ってきました。

実はこのLRT、最近になって2回に分けて開通していたのです。1回目は2015/10/31にSri Petaling~Kinrara BK5の区間、2回目は2016/3/31にIOI Puchong jaya~Bander Puteriの区間が開通しました。

 私は今まで、このLRT(Ampang/Sri Petaling線)を使うことはほとんど無かったので、ある意味とても新鮮でした(笑)。Masjid Jamek駅で乗り換え今回の開通区間に向かいます。

乗った車両は従来式の古い車両。何とエアコンが故障しており、とっても暑かったので車両を移動しました。

 てっきり終点まで行ってくれると思ったのですが、何と従来の終点駅であったSri Petaling止まりとなっていて、その先の新区間は車両を乗り換えなければならず、非常に不便でした。新区間は全て新しい車両のみで運営されていて、不思議に思いました。ひょっとして従来の区間とは互換性がなく、新型車両を乗り入れ出来ない仕様となっているのかもしれません。とっても変ですがマレーシアなら十分有り得る事だなと妙に納得してしまいましたw。

以下、簡単に新しい区間に関してコメント致します。

駅前に出来たばかりのコンドミニアムがあり、アクセスは良さそうですがお店はまだまだの印象です(笑)。

この駅はローカル向けの住宅やアパートが多い印象です。

この駅周辺は非常に工場が多い印象でした。

Giantというスーパーと一体化したコンドが便利そうです。。

IOI Puchong jaya駅です。AEONが隣接しているので便利そうです。

Pusat Bandar Puchong駅です。この駅はもっともアクセスが良く、TescoとSetia Walkの両方が利用可能のようです。

自分はいつもこの区間(E11という高速道路)をクルマで毎日通勤いていたので、上から見ると新鮮な気がします。LRTの開通効果の為か、いつものような渋滞が見られない気がしますw。

この駅は、、、何も特徴がありませんでしたw。

Bandar Puteri駅、今回の開通区間の終点駅になります。

この駅から先の区間も今年中に開通し、Putra Heightsまで繋がる予定ですが、今のところは車両の保管基地のように使われておりました。

今回のLRTに乗車した感想ですが、有人運転にも関わらずとにかくスピードが遅く、最大でも50kmぐらいしか出してくれずモタモタした印象を受けました(私が普段愛用しているLRTクラナジャヤ線は無人運転ですが、キビキビしていてもっと速いです)。また途中駅での停車時間も無駄に長く、今回開通区間を回るのにものすごく時間が掛かった気がします。人が全く乗っていない回送車両もいくつかあり、ひょっとしてまだテスト運転を兼ねているのかもしれません。

最後に隠れキャラというか、路線図に不思議な区間があるのを発見したのでシェアします。

駅ナンバリングが無く、茶色で塗り潰された駅が2つ程あるのがお分かり頂けるでしょうか?今回開通に間に合わなかったのか予算が足りなかったのか知りませんがFuture Stationという扱いのようです。

自分としては今回LRTが延伸した為、Puchong地区に引っ越すのもいいかなと思いましたが、実際使ってみてちょっと使いづらい印象を受けました。もっとも他の列車、たとえばKTMコミューターなどもむっちゃスピードが遅いので、鉄道が無いよりはマシなレベルかもしれませんが。

本来の終点駅であるPutra Heights駅までの区間は今年の6月までには開通するとの事。乞うご期待!

スポンサーサイト

MRT・LRT・その他 延伸計画

幻のプトラジャヤ・モノレールの話を投稿したので
ついでにMRT・LRTの延伸計画もUPしようと思います。

現状、マレーシアはクルマ社会となっていて
電車やバスでの通勤・通学はごく一部の方を除き
非常に困難な状況となっております。

その為、一人一台クルマを所有するような
状態となっており、道路は常に渋滞しています。

そんな中、公共交通機関を整備する動きがいくつかあり
現在かなりのペースで建設が進行中です(詳細はコチラ)。
路線図

まずLRTのクラナジャヤ線ですが、終点のクラナジャヤ駅から
さらに延伸工事中となっており、スバンジャヤを経由して
最終的にはプトラハイツまで繫がる予定です。

次にLRTスリプタリン線ですが、同様に
終点のスリプタリンからPuchong方面に延伸工事中で
ジャスコのあるIOI MALLやTESCOを経由して
最終的にはプトラハイツでクラナジャヤ線と合流します。

KLモノレールですが、現在KLセントラル駅から少し
離れた位置にあり、非常に利用しづらいのですが
今後はKLセントラルに直結される予定のようです。

そして注目のMRTですが、KTMスレンバン線の
スンガイブロー駅から始まってワンウタマを経由し
KLセントラルに達します。その後、ブキビンタン等の
繁華街を経由して、最終的には同じくKTMスレンバン線の
カジャン駅が終着駅となるようです。
(詳しい情報はコチラ

あと忘れてはいけないのがKLIAエクスプレス・トランジットも
現在のKLIAからKLIA2までの間が延伸する予定です。
本当であれば今月末にでも開通し、LCCを利用する際、
飛躍的に便利になる予定だったのが、あっさりと半年!も
延期になりました。

まぁマレーシアではよくあることですが
非常に楽しみにしていた私はガッカリしてますw。

こないだの高速道のような手抜き工事はしないで
しっかり作ってもらったほうがいいんですけどね。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

幻のモノレール

プトラジャヤにはいくつもの橋が架けられている。
その中で、奇妙な橋を見たことがないだろうか。

こんな感じの橋だ。
謎の橋
この橋はつり橋?誰が渡るの?
人はもちろん渡れないし、車用でもなさそう。
水道管やパイプラインを渡す為の橋???

何より奇妙なのが、その中途半端っぷりだ。
明らかに手抜き?、工事中のまま放置されている。

次にプトラジャヤ・セントラル駅でこのような光景を
目撃したことは無いだろうか。
PC170039.jpg
ニブイ人は何も感じないだろうが(笑)
鋭い人は気づくはず。KLIAトランジットののホームの上に
モノレール用のホームと軌道が作られている!と。

現在はKILAトランジットも本数が少なくて利用しづらいが
いつかはモノレールが開通して便利になるんだろうなと
漠然と思っていた。しかし、モノレールが開通する計画は
聞いた事が無く、不思議に思っていた。

実はこれらは計画線というよりは、計画が凍結された
結果の残骸らしいです。費用面でコケてしまったとか。

先ほどの謎の橋を辿って行くとプトラジャヤの駅に
たどり着くのでよく分かります。

ちなみに当時の計画ではこのように作る予定だったらしい。
putrajaya-monorail.jpg
おおっ!何とも不思議な形状だが(笑)、Alamandaという
ショッピングセンターに行く場合は便利だったかもしれない。

Putrajayaの街中を良く見ると、Monorailの残骸が
結構残っているらしい。マニアな方は要チェック。
下記のリンクに詳しく載っています。
http://transitmy.com/tag/putrajaya-monorail/

ちなみに凍結された計画を再開する話しもあるようです。
バスのほうが便利じゃないか?とも思いますが(笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjayaバス事情⑥

私はかつてバスおたくだった(笑)。
というか、クルマを持っていなかったので
必然的にバスを使わざるをえなかったのだ。

今ではほとんどバスを使う機会はなくなったものの
バスに関してはCyberjayaで一番詳しいのでは?と
勝手に思い込んでおります(^^;)。
(↑井の中の蛙とでも言うのでしょうか)

そんな私が最近Cyberjayaで見なれないバスが
走っているのを見つけ、びっくりしました。
「まだこの俺が知らないバスがあるのか?!」と。
2013-05-05 135621
このNadi Putraというバスは主にPutrajaya内を
走行しており、Cyberjayaには来ないはずだったのだが
どうやら3月1日より新しい路線ができたみたいですね。

以下のリンクに詳しい説明が載っています。
http://cyberview.com.my/v4/images/announcement/announcement.jpg

ルートはこんな感じです。私には利用しづらいかな。。。
RouteJ02.jpg

料金はこんな感じ。なぜCyberjaya区間だけ高いのか?!
J02料金
このバスに乗ってAlamandaショッピングセンターにでも
行ってみたいなと思いますが、やっぱりクルマで行ったほうが
早くて便利ですね。私の場合(笑)。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

Cyberjayaの高架道崩落!

今頃すぎる情報ですが(苦笑)、Cyberjayaにおいて
flyover(高架交差道)が崩落していたことが判明しました。
NewsというよりはOldiesな情報になります・・・。
(発生は2013年2月28日 午後2時だそうです)

幸い、死者やケガ人は出なかったようです。

前から高速道路を通る際、変な迂回ルートを
通らなければならず、またいつまでたっても復旧しない為
おかしいよなーと思っていたのですが
ネットで調べれば情報が出てくる出てくる。
もっと英字新聞を熱心に読まなければ!(汗)

崩落現場ですが、私がAutoback等に行く際によく通る高速です。
こんなひどいことになっています(いました)・・・。
(写真はローカル英字新聞のthe starより引用
Putrajaya-Flyover.jpg
下を走っている道路が有料の高速道路となっており、Cyberjayaと
E6という西側にある高速道路を繋いでいます。
Cyberjaya-Crash2jpg.jpg
ちなみに私は上の道路も下の道路も走ったことがあります(笑)。
普段使っている道路でこんなこと、マジ勘弁して欲しいです。

参考までに広域の地図をUPしておきます。
崩落現場
なぜ崩落しているのに気づかなかったかというと
私がニブいのもありますが(笑)崩落現場には近づけず
かなりの迂回ルートを走らされるからです。
diversion-map.jpg
上記の写真を拡大してみると、ダイヤの形のルートにしか
通行できないのが分かると思います。

日本では起こりえないことが、ここマレーシアではよく起こります。
なんというか明らかに手抜き作業・手抜き工事が多い印象です。
事故を起こした業者は徹底的に追及し、再発防止に努めるべきでしょう。

theme : マレーシア
genre : 海外情報

プロフィール

とらねこ

Author:とらねこ
 マレーシア下見旅行を経て、現地にて働くことを決意する。はたして彼はこの熱帯の地で生き延びることができるのか?

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Global Access Map
FC2カウンター
スポンサー
為替レート
楽天市場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。